カバー東京都)が手がける女性バーチャルユーチューバーVTuberグループホロライブ」所属の「さくらみこ」さんは2020年10月21日、療養から復帰し約3か月ぶりのライブ配信を行った。しかしライブ2曲目で「M@STERPIECE」という楽曲を歌ったことが、一部の原曲ファンの間に波紋を呼ぶこととなった。

これには、さくらさんファンのみならず原曲の出典である「アイマスファンからも同情する声が寄せられている。

「#さくらみこ復帰LIVE」はトレンド1位

さくらさんは「バーチャル巫女アイドル」として活躍する配信者7月31日カバーから、病状が芳しくない状態であると明かされ、療養に専念するため一部活動を制限することが発表されていた。そして、21日ライブ活動を再開。ライブ公式ハッシュタグ「#さくらみこ復帰LIVE」は、ツイッター上で約3時間にわたりトレンド1位に浮上するなど大きな反響があった。

しかし、ライブ2曲目で歌ったバンダイナムコエンターテインメントの人気ゲームアイドルマスターTHE IDOLM@STER)」シリーズの人気楽曲「M@STERPIECE」がきっかけで、ツイッターでは一部ファンが不満を呟く騒ぎとなった。

さくらさん自身もアイドルマスターシリーズを愛好しており、5月には同シリーズの最新作「アイドルマスター シャイニーカラーズ(以下シャニマス)」のプレイ配信も行っていた。ところが6月5日カバーの発表によれば、同社は各社の著作物を利用したゲーム配信において、法人として許諾を得ていなかったという。シャニマス関連の動画がすべて削除されてしまったことから、「シャニマス」を手掛けるバンダイナムコエンターテインメントの許諾も得ていなかったものとみられている。

このことにわだかまりを持つ一部ファンが、「アイマス劇場版アニメ主題歌になるなど、思い入れの強いファンの多い「M@STERPIECE」をさくらさんが歌ったことへの不満をツイッターでつぶやく流れに。「M@STERPIECE」がトレンド欄のベスト10に入る事態となった。

「アイマスの信者がみんなあんなんじゃないってこと」

一方で、今回の炎上はファンの総意ではないとする声や、ゲーム会社の許諾を得ていなかったのは運営会社の失態であるとし、さくらさんに同情する声も多数寄せられている。

「勘違いしてほしくないのはアイマスの信者がみんなあんなんじゃないってこと」
「どこの界隈にも一部厄介な人いると思うけどマジで総意だと思ってほしくない」
「復帰第一弾で運営の不祥事で炎上するさくらみこが可哀想すぎる」

また、カラオケ配信を行うこと自体はYouTubeJASRACが楽曲利用許諾契約を結んでいるため問題ないとされている。

さくらみこYouTubeチャンネルより