10月31日ハロウィーンを前に、東京・渋谷区の区長は「今年は自宅で、オンラインで楽しむよう」呼び掛けました。

 渋谷区長谷部区長は毎年大勢の人が集まるハロウィーンについて、今年は自宅で楽しんでほしいと強調しました。路上などでのトラブルが毎年のように問題となっている渋谷のハロウィーンは前年と同様、自主警備や店舗での酒の販売を自粛するよう要請し、路上での飲酒は禁止するとしています。また、ここ数年設置している仮設トイレ着替えスペースなどは「設置しない」としています。

 一方、自宅で「渋谷のハロウィーン」を楽しんでもらおうと、渋谷区公認の仮想空間「バーチャル渋谷」で仮装コンテストライブなどを26日から行うことも発表しました。コロナ禍で迎える今年のハロウィーンについて、長谷部区長は「新しい渋谷の文化をつくっていきたい」としています。


渋谷区長が呼び掛け ハロウィーン「今年は自宅で」