飼い主が仕事から帰ってくると、タッタタッタッと猫ちゃんが駆け寄ってきた。

食いしん坊の猫ちゃんが興味津々なのは、バッグに入った「海鮮盛り合わせ」。パックのフチをガブッと噛んで、自分のお部屋に持っていこうとするものだから、飼い主が待ったをかけた――。

そんな飼い主と猫ちゃんが繰り広げる攻防の一部を収めた動画が、ツイッター上で注目を集めている。

こちらは、ツイッターユーザーのねこのうに(@neko_uni_0102)さんが2020年10月21日に投稿したもの。動画に映っている猫ちゃんは、お刺身を食べたくてしかたがないのだろうか。飼い主が手前に引っ張っても、刺身のパックを咥えたまま後ずさり。

一歩も譲ろうとしない猫ちゃんの姿勢に、ねこのうにさんは

「第一次刺し盛り戦争勃発」

と呟いている。動画越しでも伝わってくる猫ちゃんの本気具合に、ツイッターでは

「ガチな本気ですね」
「これは絶対に 渡さないにゃ~」
「退かぬ!媚びぬ!感がハンパない(笑)

といった反応が寄せられている。

ところでこの「戦争」はどういった幕引きを迎えたのだろうか。

22日、Jタウンネットは投稿者に「戦争」の勝者を聞いてみた。

結局、どうなった

投稿者のねこのうにさんによると、「海鮮盛り合わせ」のパックを加えている猫の名前は、うにちゃん。品種はベンガルで、生後9か月のメスだという。

噛む力、つよい(画像はねこのうに(@neko_uni_0102)さんから、編集部がスクリーンショットしたもの)
噛む力、つよい(画像はねこのうに(@neko_uni_0102)さんから、編集部がスクリーンショットしたもの)

動画を撮ったのは20日の19時頃。飼い主の帰宅後、そのバックチェックをすることがうにちゃんの日課だそう。

「よそで他の猫様と浮気していないか、食べ物持っていないかチェックされます。たまたまエコバックの1番上の刺し盛りに気付いて自分の部屋に持って行こうとしたところを捕獲しました」(ねこのうにさん)

別の日には大根を「泥棒」しようとしていたこともあるそうだ。

動画の撮影中、うにちゃんは、どんな雰囲気だったのだろうか。

「いつもより帰宅が遅かったので、寂しかったようで、うにさん的には引っ張り合いっこで遊んでいるつもりだったように思います。遊んでいるとヒートアップしてしまうのは、いつものことです。いつもより、強めに噛んで、引っ張っていました」

では「戦争」の勝者は、飼い主だったのだろうか。負けた側は何を食べたのだろうか。

「みな様、勝敗が気になっていますよね。
うにさんも、飼い主も全力で戦い、お互いの力を認め合い、平和的解決の道を模索した結果『うに 主 平和条約』が締結されました」

モグモグ
モグモグ

食いしん坊のうにちゃん。お刺身を買った時は、飼い主と一緒にシェアして食べるという。

そっか、戦争に和平の道があったことを忘れていた...。

噛む力、つよい(画像はねこのうに(neko_uni_0102)さんから、編集部がスクリーンショットしたもの)