意外な落とし穴!?サウナで髪がパサパサになる?
3146983_s

サウナには湿式と乾式の2種類ある!?

日本でサウナと呼ばれるものの多くは、乾式サウナのこと指しており、70~100℃の温度で湿度は20%未満となっています。

サウナで汗を流して、水風呂に浸かる。

このサイクルを複数回繰り返すことで、自立神経を刺激し、免疫力向上の効果や、脂肪燃焼の効果が期待でき、いろんな世代の方から高い支持を得ています。

一方、湿式サウナは部屋自体の温度が40~50℃と、乾式サウナに比べると圧倒的に低く、湿度が70%以上となっています。

湿度が高いと、熱伝導率が高く、例え部屋の温度が低くても、乾式より熱く感じることがあります。

サウナは頭皮にとっても有効で、汗をかくことで皮脂や汚れを浮き上がらせ、サウナ後、しっかりと洗い流してやれば、毛穴のお掃除になります。

また新陳代謝が上がるので、頭皮の血行も良くなり、髪の毛に必要な栄養を届けられるようになります。

サウナで髪がパサつく原因

普段の生活の中で、100℃近い温度を経験することはありませんから、サウナに入ることで髪の毛ダメージを受けます。

特に、髪の毛タンパク質からできているため、高温にさらされると溶けてしまうのです。

髪が乾燥しているときは、100℃以上に温度に耐えることができますが、髪が濡れていると60℃以上で火傷を負います。

髪が乾燥しないようにサウナを楽しむには!?

濡れている髪は温度に弱いため、サウナに入る前はしっかりと髪の水気を拭き取りましょう。

また、髪の潤いをキープするという意味で、タオルを頭に巻いたり、専用の帽子(サウナハット)を被るようにしましょう。

ドライヤーをする前にトリートメントをつけるように、サウナに入る前も、トリートメントで髪のケアを行って、乾燥を防ぐのも有効な対策です。

サウナ自体は悪いものではありません。

汗をかくことで、心がリラックスでき、それがカラダ全体の健康に繋がるのであれば、大いに利用してほしいものです。

しかし、髪の毛のように神経の通っていないところは、苦手な環境にされされても、すぐにアラートを挙げることができないため、事前に対策を講じることが重要です。

ボタニカルとオーガニックの違い