俳優の伊勢谷友介氏が大麻取締法違反(所持)で逮捕・起訴されて以降、メディアで「大麻」の二文字をよく目にする。556日間薬物事案の裁判を傍聴した斉藤総一さんの記録から今回紹介するのも「大麻所持」で逮捕・起訴された内装業を営む自営業・井上功一という男性の裁判だ。伊勢谷氏は自宅アパートで7.8gを所持していたとのことだが、こちらは大麻17株を栽培したうえに、76gを所持。共犯者とみられる友人の北村拓也と共謀し、大麻草を栽培し、大量の乾燥大麻を所持していた。果たしてどんな人間なのか。共犯者の法廷と合わせ、2度に分けて見ていきたい。

     ***

※プライバシー保護の観点から氏名や住所などはすべて変更しております。

◆大麻76gを所持していた男

 最初はいつものように、警察の冒頭陳述を見ましょう。井上功一被告はなぜ逮捕されたのか?

検察官「被告人は友人の北村拓也と共謀のうえ、みだりに平成28年1月下旬頃から同年4月21日までの間、さいたま市浦和区橋場2-13-40野菊荘201号室において、ロックウールに大麻の種子を植え、播種し、発芽させるなどしたうえ、これらを植木鉢に移植し、水、肥料を与え、照明器具で光を照射するなどして、大麻草17株を育成し、持って大麻を栽培し、同年3月20日、前記場所において大麻である76.17gを所持したものである、となります」
裁判官「井上さんはあらかじめ、黙秘権があるというのを前提に、訴因変更された、いま読み上げられた公訴事実の内容、どこか間違っている点はありますか?」
被告人「ありません」
裁判官「弁護人のご意見をお願いします」
弁護人「被告人と同様で、公訴事実は争いません」

 訴因変更とは、文字通り裁判中に起訴状の訴因を追加したり変更すること。この裁判(被告の名は井上功一)にはいくつかの見どころがありましたが、そのうちのひとつは情状証人として被告の実父が証言台に立ったことでしょうか。

弁護人「では弁護人から質問させていただきます。あまり緊張なさらないで結構ですので、答えてください。今回の事件について聞いていきます。今回、功一さんはどんな事件で捕まってしまったかお父さんの口で説明してほしいんですけども説明できますか?」
証人(父親)「はい。息子が共謀して大麻17株を栽培し、乾燥大麻76gを所持していたと聞いております」
弁護人「今の気持ちを聞きたいんですけど、功一さんがこういう事件を起こしてしまったということで、お父様としては、どういうお気持ちでしょうか?」
証人「私と妻と生活を一緒にしていて、親としてですね、法を犯したということに対し、もう少し我々が親として何かやれるべきことはあったのではないかと深く反省しております」
弁護士「今回の事件ですけど、アパートで所持や栽培が行われていたのは知っていますか?」
証人「ええ。アパートで栽培をしていたと聞いています」
弁護人「犯行現場となったアパートですが、なんで息子さんが借りていたか解りますか?」
証人「これは彼が内装工事の仕事を立ち上げるために、一生懸命会社を立ち上げたんですけども、資材置き場が足りなくなってきました。それは私どもが借りているマンションの中にも駐車場に放置されたりして問題となっていたため、私からもアパートを借りるように言っていましたので、内装工事の資材置き場としてアパートを借りることを承知していました」
弁護人「お父さんはそこで保証人になったんでしたっけ?」
証人「そこでは緊急連絡先ということでした」
弁護人「内装業の資材置き場として借りていたアパートの中で、何をやっていたか、何が行われていたのかを確認したことはありましたか?」
証人「いえ、確認はしていません」
弁護人「確認しなかった理由というのは説明できますか?」
証人「まさか、そういうことが行われるなんて、思っておりませんでした。内装工事の仕事を立ち上げるために一生懸命仕事をしているもんだと思っておりました」
弁護人「アパートでこんな事件が起こっていることは、まったく予想できなかったっていうことですかね?」
証人「はい」

 同居しているとはいえ、成人して働く息子が資材置き場にと借りたアパートで大麻を栽培していると想像できる親は少ないでしょう。ただし、続く検察官の質疑で、確かに疑うべく材料があったらしいことが明らかになります。

◆父親は大麻の存在に気づいていた?

検察官「では何点か質問します。被告人の部屋の中で、不審な物を見つけたということがあったんですよね。どんな状態の、どんな物を見つけたんですか?」
証人「鉢植えです。鉢の中に高さが30cmくらいですかね、緑の細長いハッパの植物が、1株ありました」
検察官「その1株というのは、どういう状態で置かれていたんですか?」
証人「四角いBOXにですね、内側が銀色みたいな感じですけど、そこに1株だけありました」
検察官「ひょっとしたらなんだと思ったんですか? それを見て」
証人「ひょっとしたら大麻なのかもしれないなと思いました」
検察官「大麻だと思ったわけですよね? その植物に関して、被告人とは何かやり取りはしなかったんですか?」
証人「変な物育てていないよね? という話しはしていました」
検察官「その見つけた物に関して、これは何だ?というような話しはしなかったんですか?」
証人「それはしなかったですね」
検察官「それはどうしてなんですか?」
証人「それは、ひょっとしたら大麻だと思って、大麻だと言われた時に、どうしようかっていうような不安があったと思います」
検察官「あなた自身、そういうことにかかわりたくないという気持ちがあったんですか?」
証人「いやあの、結果としてそうだったかもわかりません」
検察官「被告人が部屋の中から大麻の栽培に関する本だったり、道具だったりは、そういったものはこれまで見たことはありますか?」
証人「それはないです」

 酌量を求めて証言台に立つ以上、被告は親にとって同居するに耐えない人間ではなさそうです。また、父親にこれ以上の反応、反省を求めるのも酷という気がします。検察もこれ以上は突っ込みません。

 そして、この法廷の見どころをもうひとつ。裁判後半、検察は被告(井上功一)に共謀者(北村拓也)との関係、役割について問います。大麻の栽培者が逮捕されると、報道でも複数人の名前を目にすることが多い印象ですが、本公判でも、このアパートの一室に出入りしていた何人かの名前があがります。

 このあたりのやり取りを見てみましょう。被告人の主張が明確に見える場面なので、少し長めに引用します。

◆北村との関係性は?

被告人「アパートで大麻を育てたことと、そこで大麻を所持していたということ、それを自分の友人の北村と共謀しました」
弁護人「アパートを借り始めたのはいつ頃の話ですか?」
被告人(井上功一)「だいたい12月とか年末ぐらいです」
弁護人「いつぐらいから、このアパートで大麻を育てるようになりましたか?」
被告人「借りて1か月ちょっと経った頃からです」
弁護人「わかりました。この部屋は何をするために借りた部屋ですか?」
被告人「最初は資材を置いて、道具をしまったりする場所でした」
弁護人「今回の共犯者として、一緒に起訴されてしまっている北村さんとの関係について聞いていきます。北村さんと今回の大麻の栽培と所持の関係について教えてほしいんですけど、まず大麻の栽培に、北村さんは、どうやって関与していたかっていうことはわかりますか?」
被告人「はじめは仕事の置き場として教えたんですけど、途中から自分が中で大麻を発芽させて育て始めて、自分からはちょっと話はしなかったんですけど、鍵の場所とかも教えちゃっているんで、わかっていたとは思います」
弁護人「じゃあ大麻の栽培に北村さんはどんなことをしてくれたか? どんなことを協力してくれたかはわかりますか?」
被告人「大麻の部屋を作る時に、部屋を作ることは言わなかったんですけど、自分からは何も喋っていないんですけど、何かをやっていたとは思うんですけど、何をしていたかちょっとわからないです」
弁護人「では大麻の所持について聞いていきます。乾燥大麻76gの件ですけども、その76gの乾燥大麻って、何か北村さんと打ち合わせしたことはありますか?」
被告人「いや何もしてないです」
弁護人「この大麻を北村さんは使っていたかどうかはわかりましたか?」
被告人「ちょっとわからないですけど、もしかしたら使っているかなという思いは…」
弁護人「その乾燥大麻の置き場所を北村さんが知っているかどうか、そこはわかりますかね?」
被告人「いや、ちょっと自分からは何も言っていないんで、もしかしたら知らなくてもおかしくないと思います」

 ずいぶん苦しい弁明に聞こえますが、かといって被告の発言が嘘という根拠もありません。続く検察の質問で核心に迫るにつれ、話はさらに曖昧になり、その「曖昧さ」が明かされることは最後までありませんでした。

◆最後まで曖昧な発言

検察官「あと所持していた大麻がありましたよね? あの大麻はどうやって手に入れたものなんですか?」
被告人「都内で知らない人から売ってもらいました」
検察官「あの大麻は何のために買ったんですか?」
被告人「吸おうと思って買いました」
検察官「どうしてあの部屋に置いてあったんですか?」
被告人「特に理由はないですけど」
検察官「あの大麻、いつか使おうとかそういう風に思っていなかったんですか?」
被告人「いや、たまに使っていました」
検察官「使っていた場所というのは、あの部屋で使っていたんですか?」
被告人「決めていたわけじゃないですけど、外で使おうと思っていました」
検察官「北村さんは、あそこに大麻があることを知っていたと思いますか?」
被告人「たぶん知っていたんじゃないかな」
検察官「どうして知っていたんだと思います?」
被告人「自由に出入りできるし」
検察官「自由に出入りだけだったら気づかないかもしれないですよね?」
被告人「もしかしたら」
検察官「あの台所の棚の中にあったわけですよね?」
被告人「はい」
検察官「あなたのほうから場所を教えた。そういったことはないんですかね?」
被告人「自分は言っていないんで」
検察官「北村さんが、あそこに大麻があると知っているのは、あなたは知っていますか?」
被告人「直接聞いていなかったので。わからないです」
検察官「あの大麻について、北村さんは今どんな話しをしているか知っていますか?」
被告人「いや、わからないです」
検察官「北村さんの調書とか、そういったものは確認していますか?」
被告人「一通りは読みました」
検察官「あそこに大麻があると知っている、というようなことは言っていませんでしたか?」
被告人「調書には書いてありました。はい」
検察官「何で知っていると思うんですか?」
被告人「自分で見つけたんだと思います」
検察官「あの部屋については、北村さんは自由に出入りできたんですよね?」
被告人「はい」
検察官「当然台所も自由に、あの棚のところ…」
被告人「はい」
検察官「北村さんも大麻使っていたんですか?」
被告人「たぶん使用したことはあるんじゃないかと思う」
検察官「台所にある大麻を使っていたかもしれないと、あなたもわかっていたわけですか?」
被告人「使っていたとしても、自分は何も言わなかったです」
検察官「アパートで大量の大麻を育てていましたよね?」
被告人「はい」
検察官「北村さんと一緒に使うということも考えていたんですかね?」
被告人「まあ実際どのくらい(大麻が)できるかもわからなかったんで、できた後の話しは詳しくは考えていなかったですけど。勝手に取って吸われても何も思わなかったです」
検察官「今回の大麻の所持と栽培に関しては、北村さんと一緒にやったということでしたよね?」
被告人「はい」
検察官「それ以外に出入りしていた人は、あなたは知っていますか?」
被告人「調書で確認しました」
検察官「誰がいますか?」
被告人「馬淵、春日、山木(いずれも友人の名前)」
検察官「その3人に対して、あなたから、アパートの大麻について何か話しをしたことはないんですか?」
被告人「いや自分からは何も」
検察官「出入りをしていたことは知ったんですか?」
被告人「いや、あの、自分が逮捕されてから知りました」
検察官「馬淵、春日、山木とはよく電話をしていましたよね? その電話の中で、何か大麻の話はしなかったんですか?」
被告人「いや、何も言ったことはないです」

 検察による質問はこれでほぼ終わりです。入手ルートを「都内で知らない人から買った」と答え、また自分が借りたアパートに出入りしていた人間について「逮捕されてから知った」と答える。それでも裁判は滞りなく進行していきます。
 判決も初犯者による大麻取締法違反、お決まりもの。

裁判官「それでは井上さん、証言台の前に立ってください。あなたに対する大麻取締法違反被告事件について判決を言渡します。主文、被告人を懲役3年に処する。この裁判が確定した日から、4年間その刑の執行を猶予し、その猶予の期間中、被告人を保護観察にする(後略)」

     ***

 最後に抜粋した検察による質問の冒頭、被告は検察官から「前を向いてお答えください。あと少し声が小さいので、なるべく大きな声で答えるようにしてください」とたしなめられる。この時の被告の胸中はどんなものだったのか。ボソボソとくちごもる被告の姿が印象的な法廷劇だった。

【斉藤総一】
自然食品の営業マン。妻と子と暮らす、ごく普通の36歳。温泉めぐりの趣味が高じて、アイスランドに行くほど凝り性の一面を持つ。ある日、寝耳に水のガサ入れを受けてから一念発起し、営業を言い訳に全国津々浦々の裁判所に薬物事案の裁判に計556日通いつめ、法廷劇の模様全文を書き残す

―[薬物裁判556日傍聴記]―


イラスト/西舘亜矢子