近年問題となっている、ネット上での誹謗中傷

匿名で人を批判したり、特定の人物のSNSに悪意あるコメントを書き込んだりする人は、残念ながら一定数存在します。

中でも、テレビや雑誌などでの露出度が高い芸能業界に属する人は、ターゲットにされやすい傾向にあるでしょう。

兼近大樹「叩くのはドラムだけで十分」

お笑いコンビEXIT』の兼近大樹さんがInstagramを更新。

兼近さんは、バックドラムが写り込む写真とともに、SNS誹謗中傷について次のようにコメントしました。

#なぁ落ち着いてくれないかSNS

#気に入らない相手を

#叩いてどうする?

#そいつと自分はなんの関係がある?

#その人を大切に思う人を想像してくれ

#様々な要因でその人は存在してて

#自分自身も色んな繋がりで今を生きてる

#個々人の思考の違いを互いに罵り合うな

#何かが理由で嫌いな人とでも

#共に歌は歌えるだろう

#同じ音楽で感動できんだろ?

#叩くのはドラムだけで充分さ

kanechikadaiki ーより引用

切り分けたハッシュタグで「気に入らない相手を叩いてどうする」「そいつと自分はなんの関係がある?」とつづった兼近さん。

さらに、「その人を大切に思う人を想像して。他人との思考の違いを罵り合わないでほしい」「叩くのはドラムだけで十分さ」と、SNS誹謗中傷を行う人々に投げかけたのです。

きっと兼近さんは、自身や知人に寄せられる心無いコメントを目にしたのでしょう。

その後、兼近さんは「ドラム音ゲーでお金を入れずに叩き続けたあの日」「手と足同時に動いてバスが打てなくて挫折」などと、お笑いタレントらしいユーモアあふれるコメントで締めくくりました。

兼近さんの投稿に心を打たれたファンから、共感と称賛の声が寄せられています。

・気に入らない相手を叩くことじゃなくて、大好きな人のいいところを伝えることにSNSを使っていきたいよね。

・本当にそれ。SNSに投稿する前に、その人や周りの人のことも考えてほしい。

・顔が見えないから、本名を明かしていないからって人を叩くのはおかしいですよね。対面していないからこそ、優しい言葉をかけるべきだと思います。

SNSの普及で、人と人とが気軽につながりやすくなった2020年現在。

怒りや悲しみなどその場だけの感情で書き込んだり、いたずらに悪意のあるコメントをしたりすることは、相手の心を深く傷付ける凶器になり得るでしょう。

SNSの使い方を、改めて考えさせられますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
kanechikadaiki