お笑いコンビEXITの兼近大樹が、10月22日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。“仮面夫婦”について実体験を告白した。

番組はこの日、周りからは幸せそうにみえるものの、家庭内の会話はゼロという“仮面夫婦”にフォーカス

子どもがいるから離婚はしない”という理由から、結婚生活を続ける当事者の声が紹介されると、兼近は「マジで“子どものため”はいい迷惑。本当にやめてほしい。自分の世間体の言い訳に子どもを使ったりする人もいるかもしれないが、それは子どものためではない。子どもも“仮面夫婦”ということに絶対に気づくので。素直に子どもに伝えていいと思う」と、子どもの目線に立った持論を語る。

仮面夫婦”について、「妻が大事な話をしようとしても、夫が会話をせず逃げることがある」という典型例が紹介されると、兼近は「うちの両親もしばらく“仮面夫婦”を続けていて、最終的に子どもの意見で離婚した。うちの親父の場合は、『どっちでも良かった』という感じだった」と、自身の過去を告白した。