【動画はこちら】

緊急車両に道を譲るのは当たり前のことですが、近年ではそれが出来ないドライバーが問題になったりしています。歩行者でも道を譲らない人も物議を醸したりしています。

こちらの動画は2018年に撮影されたものですが、YouTubeで話題になり、2020年の現在では1000万回以上再生されています。

信号待ちで並んでいる車の列の後方からやってきた一台の救急車

そのサイレン音に気づいた列の先頭にいた軽自動車ドライバーは、そのまま停車を続け右車線の車との距離を開け救急車が通れるだけの隙間を用意しました。

動画には「他のドライバー素晴らしい!」「この数秒で救える命はある」「想像力凄い」「判断力凄い」などのコメントが寄せられています。

これだけ離れている救急車の行動を先読みし、判断し行動できることは素晴らしいです。

【動画はこちら】【神対応】「この数秒で救える命はある」救急車がきた時の判断力がスゴい軽自動車の動画が1000万再生!

【神対応】「この数秒で救える命はある」救急車がきた時の判断力がスゴい軽自動車の動画が1000万再生!