「じてん」と呼ばれる言葉には辞典や事典の他にも字典などがあります。
しかし、これらの「じてん」は、掲載されているものが微妙に違ってきます。

そこでここでは、辞典・事典・字典それぞれにまとめられている内容はもちろん、似たような言葉の辞書についても解説します。
これらの言葉は漢字が違うだけではなく意味もまた違ってくるため、調べ物によってどれを用いればいいか変わってきますよ!

それぞれが指すもの

「じてん」と読まれる辞典・事典・字典はそれぞれ指しているものが違っていて、意味もそれぞれ微妙に異なってきます。
まずはそれぞれの言葉が指すものを解説します。

辞典

辞典とは国語辞典や英和辞典、漢和辞典などを意味する言葉です。

主に言葉や物事や漢字などを集めて掲載しています。
そして、品詞や意味に背景、使用法や派生語に至るまでを解説した書籍のことを指します。
別名では辞書や字引とも呼ばれます。

なお「辞典」「辞書」という言葉は、主に言葉について書かれたもの(国語辞典、英和辞典、漢和辞典など)について用いるのが一般的です。

事典

事典とは主に百科事典を指す言葉となっています。
あらゆる科目にわたる情報をまとめており、部門別やアルファベット順の他にも五十音順やいろは順などに並べて解説した書物のことを意味しているそうです。

百科事典はときに、百科と略されることがあります。

字典

字典とは主に漢字などの文字自体について書かれた書物のことです。

別名では字書とも呼ばれ、漢字の部首や字形などについて解説したものを指します。
文字全体について扱うものなので、言葉の成り立ちなどを調べたいという際にも活用できます。

辞書

辞書はそれぞれの「じてん」の漢字に似ているのですが、基本的には「辞書=辞典」となります。
字書は多くの言葉や文字を一定の基準で並べ、その表記法や発音、語源や意味、用法に至るまでを記したものです。

英語や別名でされる区別

それぞれの「じてん」は実は海外でも違ったものという認識をされており、特に英語圏では明確に単語を分けています。
ここでは、それらの単語についてご紹介します。

辞典

辞典は英語で「Dictionary(ディクショナリー)」といいます。
主にこれらの単語は字引のことを表しており、日本語では「ことばてん」とも呼ばれるものです。

事典

事典は英語で「Encyclopedia(エンサイクロペディア)」といます。
主に百科事典(百科)を表しているのが特徴となっており、日本語の「ことてん」に同じです。

字典

字典は英語で「character dictionary(キャラクターディクショナリー)」といいます。
日本語では「もじてん」ともいうことのできる言葉で、詳細にそれぞれの文字について解説されているのが特徴です。

調べたいものはどの「じてん」で調べるべきか

調べものをする際には「じてん」を活用する人も多いですが、そもそもどういうものを調べるときにどの「じてん」を活用すれば良いのでしょうか?

以下簡単にはなるものの、主な調べものに最適なものとなります。

言葉の意味・読み方・使い方は「辞典」を用います。
つまり国語辞典や英和辞典、漢和辞典、英英辞典などがあります。

物事の内容について調べる際は「事典」を使うと辞典より詳細を学ぶことができます。
百科事典に歴史辞典、人物事典などが代表的です。

文字自体の意味や使い方、成り立ちについては「字典」が詳しいです。
漢字字典やかな字典が挙げられます。

例えば猫という言葉の定義を知りたいのなら辞典を引きましょう。
辞典にはその言葉がどういうものを指しているのかについて掲載されており、その言葉全体のことが理解できるようになっています。

猫がどういう動物なのかをより詳しく調べたいということなら、事典を引くのがベストです。
事典は他の「じてん」に比べて図鑑のような役割も持っていると認識しておくとよりわかりやすいかもしれません。

猫という漢字そのものについて調べたいということなら、字典を引くのが最適です。
猫という漢字がどのような成り立ちがあるのか、つくりや部首は何か、文字という観点で調べるのなら字典を使いましょう。

まとめ

日本語には同音異義語がたくさんあり、辞典・事典・字典などの「じてん」もそれら同音異義語に含まれる言葉となっています。
これらは似たものを指しているのですが、微妙にその意味合いなどは違ってくるため、調べものをする際には注意が必要です。
言葉について調べたいなら辞典、物事について調べたいなら事典、文字について調べたいなら字典と、それぞれしっかり使い分けましょう!