70代が青春時代に憧れたスポーツカーとは? 4台すべてが「伝説の名車」だった!

今でも超有名なクルマは庶民に手の届かない高価なモデルだった!

 誰にでも青春時代はある。いまは高齢者と呼ばれるベテランドライバーにも若いときはあった。そして青春時代にはスポーツカーに憧れていた人も多かったことだろう。というわけで、ここでは現在70代のベテランドライバーの方々が、10代~20代だったころに憧れたであろう、懐かしのスポーツカー4モデルを独自にピックアップしてみよう。

1)トヨタ2000GT(1967年)

 一口に70代といっても10歳の幅があるわけだが、ひとまず50年前の1970年を区切りにして、それ以前の国産スポーツカーで憧れの存在になりそうなモデルとなると、定番だがトヨタ2000GTいの一番に思い浮かぶ。伝説のスポーツカーについては、いまさら解説不要という人も多いだろうが、あらためてプロフィールを紹介すれば、エンジンは直列6気筒の“ツインカム”、最高速度は220km/hとアナウンスされていた。

70代が若かりし頃に憧れたクルマ

 リトラクタブルヘッドライトの流麗なクーペボディは全長4175mm、全幅1600mmと意外にも5ナンバサイズに収まっている。発表自体は1965年で、発売前にレーススピードトライアルなどで実績を示してきたので1967年の販売開始時には、その実力や魅力は多くの自動車ファンに知れ渡っていた。なお、当時の新車価格は238万円。同時期のセンチュリー268万円だったので、現行センチュリーを基準に現在の価値に換算すると1800万円相当といえるもので、ほとんどの庶民にとって高嶺の花であったことは疑う余地はない。

2)ホンダS800(1968年)

 では、手の届きそうなスポーツカーといえば? 1960年代というのはホンダエンジン・シャシーを独自開発してF1参戦していた時期(1964~1968年)だが、そのホンダスポーツカーとしてS500が登場したのが1963年、直列4気筒DOHCをフロントに搭載したリヤ駆動のスポーツカーだった。翌年にはエンジン排気量を増やしたS600となり、1966年にはさらにエンジンを大きくしたS800が登場する。

70代が若かりし頃に憧れたクルマ

 さらに独創的なチェーンドライブを止め、オーソドックスなリジットアクスルに変えた進化最終形であるS800Mが登場したのが1968年。S800Mの価格は75万2000円軽自動車のN360は35万円程度だったので、けっして安いスポーツカーではなかったが、それでもサラリーマンの平均月給が5万円足らずに時代、年収以上の買いものにリアリティを感じることは難しかっただろう。

世界初の2ローターエンジンを搭載したスポーツカーも存在!

3)東洋工業コスモスポーツ(1967年)

 トヨタ2000GTが市販開始となった1967年には、もう一台伝説のモデルが誕生している。それがマツダ(当時の社名は東洋工業)のコスモスポーツだ。世界初の2ローターエンジンを搭載したスポーツカーは、その未来的なルックスもあって、若者だけでなく幅広いドライバーに憧れの存在として認識されたという。こちらもボディサイズは意外に小さく、全長4140mm・全幅1595mm(前期型)と5ナンバサイズ

70代が若かりし頃に憧れたクルマ

 128馬力にパワーアップした後期型では最高速度200km/hを誇った。当時、免許を持っていないような年齢だった子どもたちには『帰ってきたウルトラマン』の劇中車としての印象が強いかもしれない。ちなみに、後期型の新車時価格は158万円。やはり庶民の手が届く存在ではなかった。

4)日産スカイラインGT-R(1969年)

 最後に紹介するのは1969年に生まれ、現在でもその末裔といえるモデルが世界中で愛されている日産スカイラインGT-Rだ。こちらも説明不要だろう、スポーティなファミリーセダンとして「箱スカ」の愛称で呼ばれる3代目スカイラインに、レースで勝つために専用の「S20」エンジンを載せた、エボリューション的モデルだ。2ドアボディ、オーバーフェンダーの印象が強いかもしれないが、最初のスカイラインGT-Rは4ドアボディだった。

70代が若かりし頃に憧れたクルマ

 しかし、太いタイヤを収めるために特徴的なキャラクターラインサーフィンライン)をカットしたリヤフェンダーは、その凄味からGT-Rの象徴となっていった。当時の新車価格は150万円。こちらもとうてい庶民が簡単に買えるような代物ではなかった。だからこそ憧れの存在となり、伝説となったのだ。

70代が若かりし頃に憧れたクルマ

70代が若かりし頃に憧れたクルマ

70代が若かりし頃に憧れたクルマ

70代が若かりし頃に憧れたクルマ

70代が青春時代に憧れたスポーツカーとは? 4台すべてが「伝説の名車」だった!