“噴水”をモチーフにした油絵作品の透明感がすごすぎて、「これが絵なんですか!?」「写真にしか見えない」と話題を呼んでいます。何度見ても本当に写真に見えるぐらいすごい

【画像で見る:油絵で描かれた“噴水”】

 話題の作品を描き上げたのは、Yas(@yasuta_kaii32I)さん。

 「油絵描いた」と噴水をモチーフにした作品をTwitterへ投稿したところ、1万8000件を超える“いいね”を集めている他、「えっえっこれが絵なんですか!?!?「油絵って言われなかったら写真にしかみえない綺麗さですね!」「光の屈折を感じます…すごい…!」「レベル高すぎてもう、今にも飛び込めそうです!」と驚きの声が上がっています。

 この作品のモチーフはYasさんが以前デジタル作画で描いて投稿した“噴水”と同じもの。今回改めて油絵(アナログ)で描くことに挑戦したところ、デジタルアナログ双方の画力が爆発する結果となりました。

 水そのものの透明感や乱反射できらめく様子、底部のタイルが光の屈折でゆがむさまなどが繊細なタッチで描かれており、「油絵」だと言われなければ本当に写真だと勘違いしてしまいそうなほど見事な仕上がりとなっています。

 Yasさんはこうした反響を受けて、「この絵の元になった噴水です!」と自分で撮影した写真も公開。見比べてみると濃淡などの違いは感じられるものの、さらにYasさんの画力に驚かされます。

 Yasさんはこれ以外にも多数の作品をTwitterInstagramに投稿中。気になる方はチェックしてみるとよさそうです。

画像提供:Yas(@yasuta_kaii32I)さん

(Kikka)

モチーフになった噴水の写真