image:pixabay

馬といえば、人間よりはるかに大きな体格を持っており、蹴り飛ばされればイチコロとなってしまう、凶暴な生き物でありますが、その目は優しく、普段は温厚。人間とも共存する動物でありますしかしながら、この馬、大きいサイズから小さいサイズまで幅広く、最も小さいサイズであれば、こちらの80センチ近くしかない馬もいます。

ポニーの中でも更に小さい馬

ということでこちらをご覧ください。大きな黒い馬の横に小さい小型の馬が居るのがおわかりでしょうか。何とも小さい、こちらの馬は、実はポニーでそのポニーの中でも更に小さい「シェトランドポニー」という品種。名前は「ショナ」年齢はこれでも28歳ということでなかなか良いお年。

で、横にいる大きな馬が、シャイアという品種で、名前は「アンナ」。年齢はたった6歳。何とも4倍近くの年齢差があるのに、大きいほうが、若いというアベコベのお二人。

そして、アンナは2メートル近くあるのに対し、ショナは80センチ。大きさは2倍ほど違います

彼らは一緒に遊んだり、一緒にご飯を食べたりと仲睦まじく、きっても切り離せない大切な仲となっております。

このような体格差の異なる種類での生活を送る動物は他にもいて

こちらは「ロバ」と「馬」となっております。

ちなみに、ポニーと馬の違いは、高さによる違いだけで、特定の品種ではないようです。

※肩までの高さが147cm以下の馬の総称。品種ではなく馬のタイプの一つ

引用:東武動物公園

逆に巨大な馬もいると話題になったこともありますが

動物の世界は様々なサイズがいて非常に興味深いものですね。

Source:DailyMail



画像が見られない場合はこちら
ポニーより更に小さい81センチしかない馬が話題に