米フロリダ州ピネラス郡パームハーバーで先月、飼い猫が変わったヘビを捕まえた。そのヘビは頭が2つあり、自然界で生き延びることが難しいため非常に珍しいという。『ClickOrlando』『ABC Action News』などが伝えている。

ケイ・ロジャーズさん(Kay Rogers)の飼い猫オリーブ(Olive)”が先月中旬、外で1匹のヘビを捕まえた。オリーブはヘビをくわえたまま犬用ドアから自宅に戻り、居間のカーペットの上に誇らしげに置いた。

それは30センチほどの小さなヘビで、ケイさんの娘アベリーさん(Avery、13)が近づいて見てみると、2つの頭を持っていた。アベリーさんは「オリーブが捕まえてきたので、最初は怪我をしているのかと思いました。でもあまりにも珍しかったので、そのヘビに“ドス(Dos)”と名付け、プラスチックの飼育箱に入れて観察することにしたのです」と当時を振り返る。

ケイさんは「オリーブは外から様々な“プレゼント”を自宅に持ち込むのが好きなのですよ。アベリーにヘビのことを聞いた時は冗談かと思ったのですが、実際に目にしてみると確かに頭が2つあり驚きました。今まで見たこともなかったので、娘はネットで色々調べていました。一方で私は『フロリダ州魚類・野生生物保存委員会(Florida Fish and Wildlife Conservation Commission、以下FWC)』の生物学者に連絡を取りました」と明かしている。

FWCによると、2つの頭を持つ奇形は非常に珍しく、このヘビはサザンブラックレーサーsouthern black racer)という種とのことだ。FWCは「奇形は胚が発達する段階で起こったと考えられます。本来は一卵性の双子になるはずが、上手く分離ができなかったのでしょう」と述べ、「自然界で生き抜くことは極めて難しいのです」と続けた。

というのもヘビは2つの脳を持っており、それぞれが違う決断を下すため、捕食動物から逃げることや餌をとることが難しいそうだ。実際のところケイさんも「餌をいかに食べさせるかに四苦八苦しています。右の頭が餌を追おうとしても、左の頭は違う方向に行こうとするのです」とFacebookに綴っていた。

結局、ロジャーズさん一家は「ドスが生き延びるにはFWCの監視下に置くのが一番だろう」との決断を下し、現在はFWCのスタッフがドスを引き取り飼育しているそうだ。

ちなみに今年の8月には中国で、2つの頭を持つ子牛が誕生していた。子牛は頭と耳、口は2つずつ、目は4つ持って生まれ、両方の口でミルクを飲んでいた。

画像は『FWC Fish and Wildlife Research Institute 2020年10月21日Facebook「A rare two-headed southern black racer was recently found at a residence in Palm Harbor by Kay Rogers and family.」』『Kay Rogers 2020年9月24日Facebook「Just a little update on Dos」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト