今月20日、米カリフォルニア州レッドウッド・シティの銀行に強盗が押し入っているとの情報が入った。強盗犯の人目もはばからぬ大胆な行動とまるで映画のような侵入方法、そして意外な正体が話題になっている。『ABC7 New York』『The Guardian』などが伝えた。

20日の朝、開店前の銀行で男性が出金しようと外付けのATMを利用していたところ、銀行内に2匹のアライグマの姿を見つけた。

最初は「机の上に飾られたぬいぐるみだろう」と思ったそうだが、それらが動いていることから男性は生きたアライグマだと気付いたという。

男性からの通報を受けたペニンシュラ動物愛護協会&動物虐待防止協会(以下、PHS/SPCA)はすぐに銀行に向かい、アライグマが安全に店内から出ていくよう救出を試みた。

PHS/SPCAのコミュニケーションマネージャーを務めるバフィー・マーティン・ターボックスさん(Buffy Martin Tarbox)は、その時のアライグマたちの様子をこのように話している。

「我々のもとに銀行破りの連絡がくることなんて滅多にありませんが、今回の盗人は野生動物だっていうんでね。我らが出ていくのが適切だと思いました。」

「銀行のマネージャーが我々救出チームを中にいれてくれました。10分ほど彼らを追いかけた末、ようやく追い払うことができましたよ。」

「どうやら2匹は銀行がお気に召したみたいで、なかなか出て行ってくれませんでした。2匹は怪我もなく無事ですよ。」

本来であれば銀行強盗事件には警察の捜査がつきものだが、今回は相手が金銭に興味のない哺乳類2匹とあって、ターボックスさんたちレスキュー隊が侵入経路などの捜査にあたることとなった。

ターボックスさんは、アライグマたちのまるで映画のように見事な侵入手口を以下のように明かしている。

「銀行のそばの木に泥だらけの足跡が残っていました。きっとこの木を伝って屋根に登り、なんとか通気口に入り込んで、天井のタイルから銀行内へと抜け出たのでしょう。」

「いくつかの天井のタイルが壊れていました。そしてこの盗人たちは書類やコンピュータのあたりをうろついていたようです。2匹は逃亡の際に怪我をすることもなく無事でした。」

「私の知る限り、お金を持ち逃げした様子はありませんでしたよ。」

こうして銀行を出ていったアライグマたちだが、その行動は本物の銀行強盗さながらだったそうだ。通報者の男性が撮った写真には、リーダーアライグマが掌でもう1匹を先導するような場面や銀行を徘徊した2匹が書類やコンピュータに触れる様子が捉えられていた。

PHS/SPCAの「アニマルレスキューコントロール」は、毎年何千もの野生動物や家畜の救助救援にあたっているが、アライグマいたずらによって出動することになったのは初めてだという。

このニュースを知った人々からは、「なんてかわいい強盗犯なの!」「こんなに簡単に侵入されるなんて、この銀行にお金を預けて大丈夫なんだろうか」などの反響が寄せられている。

画像は『The Guardian 2020年10月22日付「Hand over the trash: raccoons break into California bank」(Photograph: Peninsula Humane Society & SPCA(PHS/SPCA))』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト