10月23日より順次放送中のアニメ呪術廻戦」第4話では、主人公虎杖悠仁(CV:榎木淳弥)たちと、特級呪霊との圧倒的な戦力差が描かれた。また、呪術の極致「領域展開」も劇中で初披露された。

【動画】絶望感がすごいと話題の「呪術廻戦」4話

 「呪術廻戦」は、芥見下々による同名コミックが原作。ひょんなことから呪いの王“両面宿儺”と肉体を共有することになった高校生虎杖悠仁が、対呪い専門機関「東京都立呪術高等専門学校」に編入することから始まるストーリーだ。

 前回の第3話は、虎杖悠仁伏黒恵(CV:内田雄馬)、釘崎野薔薇(CV:瀬戸麻沙美)のうち誰かひとりが次の任務で死亡したことを匂わせるテロップで終わった。そして迎えた第4話「呪胎戴天」。少年院で発生した緊急事態に派遣された3人は、急きょ特級呪霊と戦闘することになってしまう――。

 特級呪霊とは、呪術師が戦う“呪霊”の中でも最強ランクの存在だ。虎杖たちが大ピンチに陥る展開が、視聴者の間で「絶望感がすごい」と話題に。Twitter上では「特級の恐ろしさが物凄く分かる回だった」「圧倒的過ぎてそりゃ弱音も吐きたくなりますわ…」「虎杖くんの『死にたくない…でも死ぬんだ…』が切実すぎた」といった声が上がった。

 しかし、特級呪霊が圧倒的な強さを見せつけた直後だからこそ、視聴者たちは、特級呪霊を遥かに上回る両面宿儺の強さに驚かされたようだ。両面宿儺が「領域展開」を使う場面もあり、「領域展開のシーン神作画!」「領域展開の演出鳥肌立つわ」「めちゃくちゃカッコよかったシビれた~~!!!!」と称賛の声が寄せられている。

第4話「呪胎戴天」
あらすじ

少年院で起きた緊急事態に、虎杖、伏黒、釘崎が派遣される。任務は、いずれ特級呪霊に成り得る呪胎とともに取り残された生存者の確認と救出。乗り込んだ虎杖たちは、無慈悲な現実に直面する。直後釘崎の姿が消え、残された虎杖と伏黒の隣には、特級呪霊の姿があった。

(C)芥見下々/集英社呪術廻戦製作委員会
「呪術廻戦」第4話、特級呪霊とのバトルに「絶望感がすごい」の声…“領域展開”も初披露