Obsidian EntertainmentおよびPrivate Division10月26日(月)、アウター・ワールドSteam版を発売したことを発表した。また同時にGOG.comでも配信を開始。価格は税込7480円だが11月7日(土)まで50%オフの3740円で購入できる。

 『アウター・ワールド』は地球からもっとも離れたコロニー「ハルシオン」を舞台に、コロニーの破壊を目論む巨大な陰謀に巻き込まれる一人称視点のSFオープンワールドRPGだ。

 本編では、「ハルシオン」を探索しながら覇権を狙うさまざまな勢力と出会う、彼らの目的の達成に協力するか、自分の目的のために利用するかはプレイヤー次第。プレイヤーの選択が物語の展開を変化させ、キャラクターの特性や仲間の物語、そしてエンディングにも影響する。

 本作では「欠点」というシステムが導入される。たとえばクリーチャーRaptidon」の攻撃を避けるのが苦手だと「Raptidon恐怖症」という欠点ができ、その代償に能力を追加で得ることができる。このシステムにより、より自由にキャラクターが育成可能だ。

 なお『アウター・ワールド』では、ふたつのDLCが存在している。

 ひとつは発売済みの「ゴルゴンに迫る危機」、かつては科学プロジェクトが推進されていたが現在は無法地帯となった小惑星ゴルゴン」を舞台にプロジェクトゴルゴンの突然の中止の裏にある秘密を解き明かす。

 もうひとつは「エリダノス殺人事件」で、こちらは2021年リリースを予定している。

 『Fallout: New Vegas』のオリジナルクリエイターが開発に携わった、プレイヤーの選択によって物語が変わるRPG、気になる方は安くなっている今のうちに購入してはいかがだろうか。

 リリース全文は以下のとおり。

キャプテンの皆さん、こんにちは!

Obsidian Entertainment および Private Division は本日、受賞歴を誇り、ダークユーモアあふれる放浪冒険RPG である『アウターワールド』の Steam 版が発売されたことを発表しました。同時に、GOG.com でも配信を開始しました。

アウターワールド』には、共同ゲームディレクターとして Tim Cain 氏と Leonard Boyarsky 氏が開発に携わっています。『Fallout』のオリジナルクリエイターであり、『Fallout:New Vegas』や『Star Wars:Knights of theOld Republic II』、『South Park:The Stick of Truth』、そして『Pillars of Eternityシリーズなど数々のヒッ
ト作で知られる Obsidianチームの開発者である二人は、このスリリングなシングルプレイヤーRPG で再びタッグを組みました。

アウターワールド』は Steam にて本日から期間限定特別価格の 3,667 円で発売されます。さらに本作のストーリー拡張版第 1 弾となる「ゴルゴンに迫る危機」も、個別にまたは『アウターワールド』拡張パスの一部として購入可能です。

音楽ファン向けには『アウターワールドオリジナルサウンドトラック)』も Steam にて発売中です。すべてをご購入希望の方は、『The Outer Worlds:Non-Mandatory Corporate-Sponsored Bundle』でゲーム本編、拡張パスとサウンドトラックをさらにお得な価格でお買い求めいただけます。

アウターワールドSteam ページはこちら:
https://store.steampowered.com/app/578650/The_Outer_Worlds/

Steam『アウター・ワールド』こちら
園児時代に押入れにあった神トラFF4を遊んだことがきっかけでゲームにハマる。主にアクションゲームアドベンチャーゲームデジタルカードゲームを遊び、気に入ったゲームトロコンまで遊ぶ派。思い出ゲームは『ロックマンエグゼシリーズ』『ぼくのなつやすみ2』『銃声とダイヤモンド