1_e8


 世界を震撼させたチェルノブイリ原子力発電所事故から34年。事故後、発電所周辺の半径30kmは立ち入り禁止区域に指定され、地域の住民たち全員が他の場所への移住を余儀なくされた。

 しかし、新しい土地に馴染めず、危険を承知で故郷に戻っり、立ち入り禁止区域となる地域で生活をしている高齢者らが約200人いるという。

 ここを、トラベルブロガーのイギリス人男性が訪れ、荒れ果てた土地に今でもひっそりと暮らし続けている人たちの様子をYouTubeシェアした。

―あわせて読みたい―

あれから28年後、今では人気の観光地となっているチェルノブイリ原発事故跡地ツアー
悲劇の原発事故から33年。チェルノブイリは今、野生動物たちの王国へ(ウクライナ)
チェルノブイリの立ち入り禁止区域内で栽培された穀物を使ったウォッカ「アトミック」が誕生。近々販売予定
チェルノブイリの制御室を一般公開。ただし危険につき5分間だけ(ウクライナ)
チェルノブイリの立入禁止区域で森林火災。放射性廃棄物保管施設に迫る


Inside The Belarus Chernobyl Zone 🇧🇾

事故から34年のチェルノブイリの立ち入り禁止区域を訪問

 1986年4月26日旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリで史上最悪の原発事故が起こってから34年の月日が経った。

 爆発により放出された放射線量は非常に危険なレベルで、発電所周辺の半径30kmは当局により公式に立ち入り禁止区域に指定され、地元の住民らは直ちに別の土地への移住を強いられた。

 しかし、避難後ほどなくして、200人ほどの住民が危険を承知で政府の避難勧告に違反し、この立ち入り禁止区域に戻ってきた。

 自らの意思で戻り、再びその土地で暮らすことを決めた人々は「サマショール」と呼ばれ、そのほとんどは平均63歳の高齢者たちだ。

 当局は、最初こそ違法に戻って来た人々を立ち退かせようと説得を試みていたが、一向に立ち去ろうとしない彼らを次第に黙認し、限られた支援サービスを提供するようになったという。

3_e2


 2019年イギリス人のトラベルブロガー、ベンジャミン・リッチさんはこの立ち入り禁止区域を訪問。そこで暮らす1組の親子に出会った。

92歳の高齢者、息子1人と立ち入り禁止区域に住み続ける

 ベンジャミンさんは、2018年から自身の旅の記録をYouTubeチャンネルbald and bankrupt 』でシェアしており、2019年の3月にチェルノブイリの立ち入り禁止区域を訪れた。

 ベンジャミンさんは、ベラルーシ側から同区域の奥へと足を進めた。

 完全な荒れ地が広がる中、ぽつりぽつりと残される廃墟。34年前のこの土地が、どれほどの被害を受けたかはベンジャミンさんの動画からも想像に難くない。

 ここは近年、ヒグマバイソンオオカミやオオヤマネコ、モウコノウマといった大型哺乳類や、200種以上の鳥類などが暮らす野生生物の楽園と化しているという。

 万が一、オオカミやクマと遭遇した時のためにとナイフを片手に進むベンジャミンさん。やがて、民家に行き当たり、そこで暮らすイゴールと名乗る住民に出会う。

2_e7


 イゴールさんは、この居住禁止区域で92歳になる母親と2人きりで暮らしていた。

1_e8


 1927年まれの母親は、10人の子宝に恵まれ、人生のほとんどをここで過ごしてきたそうだ。

5_e0


 今は、3人の子供は既に他界。イゴールさん以外の6人の子供たちは、別の場所で暮らしている。

 同親子は、発電所の爆発後一旦別の土地へ避難したが、再びここへ戻って来た200人のうちの2人だ。

 ほとんど誰もいなくなった土地で、今もなお暮らし続ける住民たち。彼らは、生まれた土地と深く結びつき、自分で畑を耕したりキノコを採ったり魚を釣ったりしながら、ほぼ自給自足の生活を送っている。

4_e2


 自治体は、そんな彼らの健康調査を続けている。現在は放射線レベルが安定し、観光客も訪れるようになったとはいえ、危険地域であることに変わりはない。

 荒れた土地には、爆発事故で亡くなった人たちのものだろう、複数の十字架がひっそりと立てかけられている。

6_e0


written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52295919.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

数学の才能は生まれつきか?環境か?遺伝子がどれくらい関係するのか調べてみた(ドイツ研究)
意識は「物質と電磁気エネルギー」であるとする新理論。もしそうならAIに意識を宿すことも可能となる(英研究)
人間の認知能力は35でピークとなり、40代半ばになると衰え始める(ドイツ研究)
ファッションに既成概念はいらない。誇りを持ってスカートとハイヒールのコーデを楽しむ紳士(ドイツ)
現代の義賊か? 罪の意識か? 謎のハッカー軍団が盗んだお金を寄付

―知るの紹介記事―

ペットホテル最新事情。広大な庭に広々個室完備、快適空間を実現した犬と猫の宿泊施設が誕生(ポルトガル)
教科書に載ることはないが雑学が身につく面白い12の地図
オス同士のペンギンカップル、メス同士のカップルから巣ごと卵を盗む(オランダ)
極上のスイートポテトをクッキーで包んだおいしさ、簡単に焼けるさつまいもソフトクッキーの作り方【ネトメシ】
人間の認知能力は35でピークとなり、40代半ばになると衰え始める(ドイツ研究)
チェルノブイリ原発事故から34年。立ち入り禁止区域に住み続ける高齢者たち(ウクライナ)