お笑いコンビよゐこ濱口優(48歳)が、10月26日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。「鬼滅の刃」のアニメ・映画が最後の最後になるまで、年齢的に生きていられるのかとの不安を口にした。

番組はこの日、大ヒット中の映画「劇場版鬼滅の刃無限列車編」を観たメンバーを中心に、冒頭から「鬼滅の刃トーク大盛り上がり。

濱口も「鬼滅の刃」にハマっているそうだが、「この年齢になってきたら、『え、これ、じゃあ、あの戦い、この戦い』ってずーっと考えたときに、これ何年後になんのやろって考えんねん。オレは果たして観れるかなって。いくつになってて、って。最終の『鬼滅』の映画とかアニメ、すべてなった最終までオレの命は持ってるのかなって。そう考えてまう、死にたくないって」と心配事を語る。

これにはドランクドラゴン鈴木拓(44歳)も思わず「ジジイ過ぎますよ、さすがにそれは」とツッコんだが、濱口は「違うねん。死にたくないって。ホンマに観たいねん、オレ。死にたない」と語り、モデルの鈴木美羽(20歳)は「すごい話が重くなっちゃう(笑)」、モデルタレントの谷まりあ(25歳)も「生きてください、じゃあ」とコメント

濱口は「頑張るけどさぁ、終わってまうかもしれへんやん。オレの命が。大丈夫か? 90(歳)で画面観れるか? 絶対途中でおしっこ行きたなるやん、90歳だったら」などと続け、メンバー一同を苦笑させたが、「それくらい楽しみ」と“鬼滅の刃愛”を語った。