古(いにしえ)の役満が登場し、麻雀ファンが大いに沸いた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」10月26日の第2試合南2局で、EX風林火山滝沢和典(連盟)が仕掛けてアガリを決めたチンイツ・ハイテイ・対々和が、同じ色で4つ連続する刻子(コウツ=3枚同じ牌が揃った形)で構成するローカルルールの役満「四連刻」の形となった。

【動画】超レア“ローカル役満”四連刻(1時間50分ごろ~)

 滝沢は2巡目で一万が対子、二万が暗刻、三万が1枚に四万が対子と、ほぼ四連刻の素材は揃った形となり、ここからポンを続けて九万待ちのテンパイ。これをハイテイでツモって1万6000点を獲得した。

 アガった形は見事に四連刻Mリーグや麻雀プロ団体の公式戦では採用されていないが、四暗刻国士無双大三元といった役満より珍しい手。これを知る視聴者は「初めて見たわ」「役満!!」「スーレンコー!!!!」と大興奮のコメントを投稿していた。このアガリを活かしてトップとなった滝沢は勝利者インタビューで「(四連刻だと)思いました。古の」と喜色をあらわにしていた。

 10月26日は、Mリーグスタート以来、2年連続で役満が出ていた、まさに「役満の日」。2020シーズンは非採用役ではあったが、超レアな役が出たということもで神話は継続(?)。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)
役満の日に“幻のローカル役満”四連刻が出現!ファンも「初めて見たわ」/麻雀・Mリーグ