実写映画化もされた漫画『テルマエ・ロマエ』の作者・ヤマザキマリ氏が27日、都内で行われた『Netflixアニメラインナップ発表会』に登場した。

【画像】『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』ヤマザキマリ氏によるスペシャルイラスト

 1996年デビューしたヤマザキ氏は、漫画家を目指したきっかけについて聞かれると「私は元々、美術を勉強しにイタリアへ留学しておりました。油絵などをしておりましたが、はっきり言って食べていけない。『どうしようかな?』と思っていた時に、当時のイタリアは日本のアニメが当たり前に流れていて、そういう人たち(アニメ好きの人)が美術を志して大学に行ったりしていた。『漫画を描いてみたらどうだい?』というアドバイスイタリア人から受けて、漫画を描き始めました」と説明した。

 1980~90年代半ばに留学していた時は「毎日、日本のアニメイタリア語版で見ていました。主題歌イタリア語で歌えます。日本で見ていたアニメイタリア語版の吹き替えとなっているので」と笑いを誘った。

 また、「イタリア松本零士さんのファンが多い。あとはルパン三世が人気で、コスプレするのが大好きで、カーニバルになるとルパン三世が街中にあふれたりしている」とイタリアに日本の漫画・アニメ文化が昔から根付いていることを伝えた。

 この日は、『テルマエ・ロマエ』の新作アニメテルマエ・ロマエ ノヴァエ』が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして制作されることが決定。アニメーション制作はNAZが担当し、あわせて原作者・ヤマザキマリ氏によるスペシャルイラストが公開された。

 『テルマエ・ロマエ』は、入浴文化という共通のキーワードを軸に、現代日本にタイムスリップした古代ローマ人の浴場設計技師が、日本の風呂文化にカルチャーショックを覚え、大真面目なリアクションを返すことによる笑いを描いた作品。『マンガ大賞2010』『第14回手塚治虫文化賞短編賞』などを受賞。作者・ヤマザキ氏の傑作作品で、俳優・阿部寛主演の実写映画が2012年2014年に公開、テレビアニメ2012年フジテレビノイタミナ」枠にて放送された。

 新作アニメテルマエ・ロマエ ノヴァエ』は、原作をベースにヤマザキマリ氏による新たな描き下ろしエピソードも登場予定。古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが、ひょんなことから現代日本にタイムスリップしてしまい、日本の風呂文化を学んでいくコメディーが新しく描かれる。

漫画家志す契機を告白したヤマザキマリ氏 (C)ORICON NewS inc.