Web漫画サイト「くらげバンチ」で連載中の『極主夫道』が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして2021年春に全世界独占配信されると発表されました。主人公の龍(たつ)を演じるのは津田健次郎さん。配役完璧かよ……。

【その他の画像】

 『極主夫道』は、かつて伝説のヤクザと呼ばれた「不死身の龍」が主夫業にいそしむ姿を描いたコメディー漫画。第5巻まで発売されているコミックスは累計260万部を発行しており、10月からは玉木宏さん主演のテレビドラマも放送されています。

 コミックス第1巻の発売記念PVから龍の声を演じてきた津田さんは、累計120万部突破を記念した実写PVでも主演を担当。ヤクザ映画に出てきそうな物々しいせりふを吐きつつ家事に取り組む姿を好演し、「実写行けるやんけ」「宣伝PVにしてはレベル高すぎやしませんか」と話題になっていました。

 アニメ化の発表を受けて津田さんは、「主夫舐めとったらあかんぞ!」と龍のせりふを交えながらTwitterで告知。原作者・おおのこうすけさんも「アニメになるとは……感無量です」「ご視聴に関する詳細は、Netflixさんからの続報をお待ち下さい」と、喜びをあらわにしつつ、ファンに呼び掛けています。

 津田さんの続投を知ったファンからは、「最高やん」「わかっとおのぉ!」「笑っちゃうじゃん本人じゃん」「CV:津田健次郎 演:津田健次郎……って強くない? 最強かよ」「YouTubeで見たCMが現実になるかと思うと、胸が熱くなります」と、歓喜の声が多数寄せられています。

○おおのこうすけさんコメント

 アニメ化決定しました! 『極主夫道』では本当に色んな体験に恵まれ、皆様には感謝しかありません。幸せ者です。アニメで動く龍ってどんな感じなのか想像もつきませんがとても楽しみです。是非アニメ極主夫道」宜しくお願い致します!

○「不死身の龍」役:津田健次郎さんコメント

 『極主夫道』には既に色々関わらせて頂いていて、更にアニメでも参加出来る事をとても嬉しく思います。この漫画は本当に面白いです。この面白さをアニメでもお伝え出来る様頑張ります。絶対観て下さい。どうぞ宜しくお願い致します。アニメ版「極主夫道」、なめとったらアカンぞ!

アニメ「極主夫道」メインビジュアル