北海道札幌市中央区で、20代女性が所有するスマートフォンを盗んだとして、53歳会社役員の男が逮捕されたことが判明。その行動と動機にドン引きの声が上がっている。
 事件が発生したのは26日午前8時10分頃。札幌市営地下鉄南北線の車内で、20代女性が所有していたスマートフォンをコートのポケットから盗み、同乗していた警察官に窃盗の疑いで現行犯逮捕された。

 ​>>28歳男、路上で下半身を露出し局部をスマホライトで照射「キャーと逃げていくことに快感」ドン引きの声<<​​​

 警察によると、札幌市内の地下鉄では女性のスマートフォンが盗まれる被害が相次いでおり、捜査を進めた結果、この男の犯行である可能性が高まり、警戒していた。当時、通勤ラッシュのため車内は混雑しており、女性は男の近くに立っていたそう。地下鉄が駅に到着し女性が降車したところ、スマートフォンがなくなっていることに気がついたという。

 その後、警察が男に話を聞いたところ、容疑を認めたため、逮捕されることになった。取り調べに対し、男は「女性の携帯電話の中が見たかった」という趣旨の供述をしているとのこと。警察はこの男に余罪があるものと見て、捜査を進めている。

 「女性のスマートフォンが見たい」という欲求から行動に及んだ男に、「気持ちが悪い。それを見て何をしようというのか」「異常な性癖。気分が悪い」「これで会社役員。会社の女性にもセクハラパワハラをしていそう」と憤りや驚きの声が上がる。

 また、「盗んでもロックが掛かっているから意味ないんじゃないの?」「指紋認証の時代にスマートフォンだけ盗んでどうなるの?」という指摘も。そして、「スマートフォンにはパスワードを掛けないと怖い」「外出時だけでもパスワードを掛けておこうと思った」という声も出た。

 女性のスマートフォンを盗んで何をしようといたのは不明だが、最近はスマートフォンで何でも出来てしまう時代。厳重な管理と、パスワードロックが重要だ。

画像はイメージです