猫じゃらしがついたマリオカートの後を追って、猫ちゃんが全力で遊んでいます。これがこのゲームの最も正しい遊び方では……?

【画像:荒ぶる猫ちゃん】

 黒猫の「キャビア」ちゃんが、「マリオカート ライブ ホームサーキット」のために作られたコースゲートから走りはじめました。キャビアちゃんの前を走っているのは猫じゃらし付きのマリオカートゲームプレイしているとキャビアちゃんに邪魔されてしまうため、逆に猫じゃらしを付けてキャビアちゃんと遊んでみることにしたそうです。

 カートを追いかけるキャビアちゃんはカーブで減速しつつ、ゲートをくぐり見事1周するのに成功。そのまま突入した2周目ではゲート4の手前とゲート1に差しかかる部分で、2度も猫じゃらしに迫ります。キャビアちゃんの前足を抜けて発進したカートに向かって、猛然とダッシュするキャビアちゃん。コースに慣れてきたのかゲートの横から乱入したり、コースを隔てている箱を飛び越えたりと、上手にショートカットを活用しながらカートに付いていきます。

 10月16日に発売された「マリオカート ライブ ホームサーキット」はゲームと連動することで、マリオカートリアルで走らせることができます。飼い主さんもテーブルの下にゲートを設置したり、ギターケースぬいぐるみコースに使ったり工夫を凝らしており、猫ちゃんにとってはなおさら魅力的だったのかも。

 ゲームで逆走すると、マリオカートに内蔵されたカメラで追いかけてくるキャビアちゃんを撮影できます。飼い主さんによると「コントローラを上下逆に持ってカートを見ながら操作すると、意外と簡単にバック走できます」とのことなので、猫ちゃんを飼っていてゲームを持っている方は一度お試しください。

 Twitterのリプライ欄では「猫は運動になるし見てる側は楽しめるし一石二鳥」「マリカライブはこうして遊ぶために作られたゲームだった可能性」と、ゲームと猫ちゃんの親和性の高さに多くのコメントが集まっています。人だけではなく猫ちゃんもこんなに楽しめるなんて、画期的なゲームかもしれません……!

 飼い主の足風邪タカヤさんはTwitter(@bq4XxDq9KONwqi8)ではキャビアちゃんの写真やゲームの様子を、YouTubeチャンネル「足風邪タカヤ・」では趣味の音楽やアニメーションを披露しています。

画像提供:足風邪タカヤ(@bq4XxDq9KONwqi8)さん

猫じゃらしを追ってスタートしたキャビアちゃん