東京モノレールに乗ると、車内の一部中央が盛り上がっている箇所があります。これは何のためにあるのでしょうか。最新型車両の先頭1号車と6号車は、この段差の上にある座席が運転台を向き、「展望席」となっています。

高速走行と関係あり? 段差を活用したサービスも

JR山手線浜松町駅羽田空港を結ぶ東京モノレール2020年現在、3形式の車両が使われています。いずれも車内を見ると、前後の2か所に床の盛り上がっている箇所があります。ほかのモノレール車両では見かけない段差ですが、なぜこのような構造になっているのでしょうか。

東京モノレールは、一般的な鉄道のレールに相当する「軌道げた」の上に車両が跨がる「跨座式(こざしき)」と呼ばれる形態を採用しています。盛り上がった箇所の内部に台車があるため、車内の一部が「凸」のようになっているのです。東京モノレールによると、車体を大きく高くすれば段差をなくせるかもしれないものの、すでに敷設された軌道なども見直す必要があるため、車体の寸法は変えられないといいます。

このような構造になった理由として、将来の高速走行を想定し車両が安定するよう、開業当時の設計で重心を低くした可能性があるともしています。なお、現在の東京モノレールの営業最高速度は80km/hです。

床が盛り上がることによってその箇所がデッドスペースのようになりそうですが、生じた段差の上は活用されています。

例えば最新型車両である10000形では、中間の2、3、4、5号車は段差の上にも座席が設けられています。座席はロングシート(レールに平行)で、窓側を向いています。一方で先頭の1、6号車の運転台側は、運転台を向いた2人掛けの「展望席」です。号車によって座席の配置を変えることで、高い位置からの車窓を楽しめます。

また1000形2000形も含め、各タイプの車内の段差の上には、荷物置き場も設置されています。

東京モノレール10000形(画像:写真AC)。