これだけもらえる優良企業の社員

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、独立系システムインテグレーターのネットワンシステムズを取り上げます。

ネットワンシステムズの平均年収は837万円

最新データ2020年3月期)によると、ネットワンシステムズ社員の平均年間給与は837万円。直近では3期連続で金額が増え、800万円台に乗っています。

2016年3月期:761万3383円 2017年3月期:758万4576円 2018年3月期:773万3056円 2019年3月期:779万4822円 2020年3月期:837万1096円

この額には、賞与や基準外賃金(手当など)も含まれています。企業口コミサイト「キャリコネ」への投稿によると、37歳男性営業マンの年収は740万円。基本給45万円に、賞与が年2回で計200万円という構成です。

なお、このデータには連結子会社などのグループ会社は含まれておらず、ネットワンシステムズ単体のものです。この水準は、独立系SIerとしては高めといえます。

2021年3月期の第1四半期決算は、売上高が前年同期比で2.6%増の365500万円、営業利益が同52.8%増の26億1100万円と好調です。

通期予想も、前期比の増加率が2~3%ではありますが、増収増益の見込みとなっており、さらなる給与増が期待できるかもしれません。

社員の平均年齢は40歳

次に従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

ネットワンシステムズ社員の平均年齢は40.0歳。ざっくり言うと、40歳で800万円台に達する人が多いということでしょうか。

2016年3月期:1,979人(38歳8ヶ月・7年7ヶ月) 2017年3月期:2,065人(39歳2ヶ月・8年1ヶ月) 2018年3月期:2,113人(39歳7ヶ月・8年6ヶ月) 2019年3月期:2,141人(39歳10ヶ月・8年8ヶ月) 2020年3月期:2,010人(40歳0ヶ月・9年0ヶ月)

このデータネットワンシステムズ単体のもので、グループ会社は含まれていません。なお、グループ従業員は、2016年3月期の2,252人からほぼ横ばいでしたが、2020年3月期に2,431人に増えています。

グループ全体(連結)に占める本体(単体)従業員数の割合は82.7%で非常に高く、平均年間給与の水準はグループ全体の相場をほぼ反映しているといえるでしょう。本体の給与水準に魅了されてグループ会社に入ったら、金額が全然違ったというようなギャップがありません。

「新しい働き方」に興味のある人は注目

最後に、ネットワンシステムズの今後の見通しについてまとめてみましょう。

ネットワンシステムズの株価は、新型コロナ禍による世界同時株安で1000円台に落ち込んでいましたが、その後は右肩上がりに上昇して10月には5000円台を突破しました。

事業の主軸は、一般民間企業向けの「エンタープライズ事業」と、中央省庁・自治体・文教及び社会インフラ向けの「パブリック事業」、それに通信事業者向けの「通信事業者事業」です。

株価を後押ししたのが、政府の「デジタル庁」新設構想。ネットワンシステムズが得意とするクラウド活用に最適なシステム構築支援が伸びると予想されています。

興味深いのは、キャリコネに「新しい働き方としては最先端を行っている」と指摘する社員の口コミがあること。2017年の段階で早くも「残業はかなり減っており、テレワーク、フレックスリモート会議も充実しています」という書き込みが見られます。

2020年3月期の通期決算説明会資料にも「新型コロナウイルスによる、市場の大きな変化への対応」として「ICT利活用による、事業継続・働き方改革」があげられています。

クライアントの働き方改革を情報システムで支援しながら、自らの働き方も最先端に変えていくことに興味のある人には、魅力的な職場になるかもしれません。

キャリアコンサルタントに転職可能性の診断を依頼する

ネットワンシステムズ社員の平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業