ナショナル・ウィメンズサッカーリーグ(NWSL)のレーシング・ルイビルFCは、元なでしこジャパンのFW永里優季(33)の獲得を発表した。

クラブの発表によると、永里の保有元であるシカゴレッドスターズとのトレードで獲得したとのこと。アメリカ女子代表FWサバンナ・マカスキル(24)と合わせて2人が移籍することになるようだ。

レーシング・ルイビルは新シーズンからNWSLに参入するクラブ。そのため、選手を補強している段階のようだ。

クリスティ・ホリー監督は永里について「試合での功績、そして貢献という点で、無限の称賛がある」とコメント。「彼女はそのレベルの経験があり、このチームを構築する上でインパクトがあるものになるでしょう」とコメントした。

永里は9月に神奈川県2部リーグはやぶさイレブンに加入。女子選手が男子チームに加入したことは世界中でも大きな話題となっていた。

サムネイル画像