ファクトチェックの心理学

ファクトチェック心理学 /iStock

 最近、トランプ大統領が投稿した内容に事実と異なる点があるとして、フェイスブックから削除されたことがニュースになった。

 SNSで虚偽情報を発信する者(政治家、専門家を含む)が後を絶たない今、一部メディアでは彼らの発言や記事の内容が本当に正しいのかどうかチェックしている。これを「ファクトチェック(事実確認)」という。

 これ自体は好ましいことで、大いにやらなければならない大切な作業だが、問題は同じ事実であっても、人によってその受け止め方が異なるということだ。特に政治問題に関しては顕著となるようで、『Scientific American』では、このファクトチェック心理学について詳しく解説している。

―あわせて読みたい―

完璧なフェイクニュースを作成することも可能な高精度のAIが開発される。危険性が高すぎるため完全公開を断念
ネットニュースを見る人あるある。タイトルと序文だけしか読んでないのに完璧に理解したと思い込む(米研究)
あなたの記憶は本物? フェイクニュースは偽の記憶まで作り出す(アイルランド研究)
真偽検証が間違っていることも。フェイクニュースへの警告は真実を報じるニュースの信頼性を貶めている(米研究)
数万人が見抜けなかった。AIが書いたでたらめのブログ記事がランキング1位となる

政治的立場、主義や考えによって見え方が違うという事実

 ある研究グループによって、抗議集会を撮影した動画を見てもらい、その印象を尋ねてみるという実験が行われたことがある。

 すると、参加者の社会政治的な立場に応じて、抗議が平和的かなものか、あるいはただの暴動か、その印象が左右されてしまうことが分かったという。

 同じことがファクトチェックを行う者たちにも言える。彼らもまた同じようなバイアスに陥り、何が事実であるかはその者の政治的・思想的価値観に左右されてしまう。それを示す次のような事例がある。

ファクトチェックの難しさ

ファクトチェックも思想的価値観でここまで変わる

 アディ・バーカンという活動家とのあるインタビューの中で、現在大統領選を戦っている民主党バイデン候補者は警察の予算削減を支持しているという主張がなされたことがある。

 この主張をファクトチェックしたCNNリベラル民主党寄り)は、それは文脈から切り離されたもので、バイデン候補者が実際にそのような発言をした事実はない。したがって主張の内容は事実ではないと認定した。

 ところがFox News(保守・共和党寄り)では、別機関へ予算を振り分けるべきだというバイデン候補者の発言から、彼が警察の予算削減を支持しているのは事実であると認定されたのだ。

 同様のことが、シャーロッツビル事件に関するトランプ大統領の発言をめぐって起きている。

 ことの発端は、2017年、バージニア州シャーロッツビルで、南北戦争時に奴隷制度維持を求めて戦った南軍兵士の像を撤去する運びとなり、これに反対する白人至上主義者たちが抗議集会を開いたことだ。

 これを受けて、白人至上主義に反対する人たちもまた抗議に集まり、両者間でいざこざが発生。最後は、白人至上主義者の1人が相手グループに車で突っ込み、死者まで出る事態となった。

 トランプ大統領は事件に触れて、抗議者の中にも反抗議者の中にも「善良な人たち」がいたと発言。リベラル派のメディアは、この発言が白人至上主義者や極右グループの中の善良な人たちを指すと解釈した一方、保守派メディアはそうではないと反論した。

心に侵入する虚偽情報の危険性

 虚偽情報が認知に与える連鎖的な影響を調べた研究からは、それがかなり狡猾なものであることが示唆されている。

 そうした研究では、まず参加者に客観的な事実と作り話を提示し、それから偽の情報がどのくらい広まったか、それがどのくらい偽の信念を作り出しているのか調査する。

 ここからは、虚偽情報が無意識に侵入して、そのことを忘れてしまってからもずっと考えや行動に影響を与えることが分かっている。報道におけるファクトチェックがきわめて重要なのはこうしたわけだ。

 現実の政治はそうした実験環境など比べ物にならないくらい込み入っており、先述したように、そもそも何が事実であるかについても意見が一致しないことがある。

 各政治ニュースでファクトチェックしているはずの政党がらみの話となると、真実として述べられている事柄が同じ政治スタンスの人たちが共有している主観的意見でしかないこともしばしばだ。

ファクトチェックの危うさ

iStock

敵対的ファクトチェックのススメ


 この問題の克服するために、『Scientific American』では「敵対的ファクトチェック認」というアプローチが有効だと考えている。

 通常、ファクトチェックは2人以上のジャーナリストによって行われているが、それだけではなく、そうした確認メンバーにさまざまな社会政治的意見の持ち主を入れておくのだ。

 たとえばリベラル派と保守派それぞれの主要なニュースソースからファクトチェックの担当者を招き入れる。そして彼らに敵対的なチームメンバーとして共同作業させる。

 推論によってより優れた結論を導き出すための鍵は、両陣営からの主張を同時に提示することだ。これによって片側だけの主張に触れたことで形成されてしまう偏った見解を最小限に抑えることができるという。

 敵対的チームメンバーがどうしても意見を一致させることができなかったとしても、最終的な判断は読者に委ねればいい。そうしてたどり着いた結論は、一方からの証拠を提示された時よりもずっと豊富な情報に基づいたものになるという。

 互いに意見を戦わせながら行われるファクトチェックは、いつまでも終わることなく、やがて不確実な真実へと退行していく可能性もある。だがそれでも、ありもしない真実を信じてしまうよりはマシだ。

 殻に閉じこもって、自分にとって都合のいい意見ばかりに耳を傾けている人間に対する大切な解毒薬になるはずだ。

References:The Psychology of Fact-Checking - Scientific American/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52296012.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

オランダ政府、不治の病に苦しむ12歳未満の子供に対する安楽死を認める方針
メキシコ沖の沈没船は捕らえたマヤ人を運ぶ奴隷船だったことが判明(メキシコ)
ドイツで在宅勤務(リモートワーク)を法律上の権利として認める法案が提出される見込み
古代人もネコ好きだった? 新たなナスカの地上絵がペルーで発見される(紀元前1~2世紀)
5000年前の仮面をつけた謎の小像が遺骨とともに発見される(ロシア・シベリア共同墓地)

―知るの紹介記事―

コカ・コーラ社、「廃棄物ゼロ社会」目指し紙製容器のプロトタイプを発表
太陽系の外では、遠くに行けば行くほど物質の密度が高まることが判明(NASA)
全てのペンギンの祖先は8番目の失われた大陸ジーランディアにいた
北欧が上位を独占。世界で最もコーヒーを飲む国トップ10
イラストや写真が多い読み物は、子供の文章の理解力を低下させる(米研究)
ファクトチェックの心理学:立場によって事実が変わってしまうという真実