座間9人殺害 凄惨な犯行現場「ノコギリで首を切り落とし、ぴちゃんぴちゃんと血が一滴ずつ落ちて…」 から続く

「金払いがいいので、帰そうと思っていました。しかし、寝ている姿を見て、レイプしたくなりました」

 2017年神奈川県座間市アパートで男女9人が殺害された事件の裁判員裁判で、10月28、29日、福島県女子高生・Fさん(当時17歳)が殺害された事件の証拠調べと白石隆浩被告(30)の被告人質問が行われた。

家族や容姿、恋愛などで悩んでいた

 タクシー代や飲食代を支払うFさんから、お金を引っ張れるかどうかを見極めている最中だったにもかかわらず、「寝ている姿を見て興奮した」などと語り、これまでの殺害動機とは違う話をした。また、Fさんの友人たちが、白石被告の家に行くことを止めていたことも明らかにされた。

 冒頭陳述によると、Fさんは家族や容姿、恋愛などで悩んでいた。これまでにも家出の経験があり、小学生の頃、父親の母親に対しての暴力を目撃したことがきっかけだった。このときはすぐに警察に保護されている。高校生になってからも家出をしている。1回目は、Twitterで知り合った友人宅の家で過ごすが、警察に保護された。母親の叱責を理由に、高校2年のときにも家出した。この時もネットで知り合った女性の家にいた。3回目が事件前日、9月27日だった。

 Fさんは、2017年9月18日、「首吊りか練炭希望です。つりじゃないです。#自殺募集 #自殺オフ #集団自殺」などとツイートしていた。このツイートに反応したのが白石被告だった。ただ、2人のダイレクトメール(DM)のやりとりは証拠提出されていない。

「まず、会ってお金を引っ張れるか」

 Fさんが、追跡を避けるためにアカウントを削除している。白石被告も「@首吊り士」というアカウントでやりとりしていたが、「Fさんの殺害後に消している」と答えている。理由については、証拠隠滅ではなく、「他の人とのやりとりが重なって、単純に邪魔だから」としている。そのため、2人がどんなやりとりをしていたのかは明らかにされていない。

「最初のDMは9月末だと思います。28日からはLINEのやりとりが始まります。少なくとも、DMはその1日か2日前にやりとりしていると思います。まず、会ってお金を引っ張れるか、引っ張れなければ、レイプし、殺害し、所持金を奪おうと思いました」

 DMのやりとりで覚えていることもあるという。それは「頸動脈洞反射」というキーワードだ。このとき使っていた「@首吊り士」というアカウントは、首吊り自殺に詳しく、自殺幇助をする、もしくは、同意殺人をするという設定だ。そのため、首吊りした場合に起きる現象である「頸動脈洞反射」について、Fさんから聞かれたときに、白石被告はそのことを説明したという。

「私が死ぬのを見届けてから、後から追ってくれる」

 そんなやりとりをしながら、Fさんは9月27日11時すぎに、福島駅から高速バスに乗り、17時過ぎに東京駅八重洲口に到着する。同日は、ネットで知り合った別の男性の家に宿泊。28日の正午過ぎに、相武台前駅で集合する。

 Fさんは、高2の時に家出をした先の女性に、9月17日LINEのやりとりで、容姿のこと、恋愛のこと、仕事のことなどの悩みをあげて、「何もかもがうまくいかない。一人でいるのが怖い」などとメッセージを送っていた。その後、9月25日、「首吊り士に会う。一緒に死んでくれる人であり、私が死ぬのを見届けてから、後から追ってくれる人」と話していた。その後、「28日に、首吊り士に会う」ともLINEしていた。その女性は何かあるかもしれないと思い、当時のFさんのTwitterスクリーンショットで保存した。

 相武台前駅で集合すると、白石被告はFさんと2人で駅前の吉野家へ行き、牛丼をテイクアウトして、自宅に向かった。

「Fさんから『ご飯食べましたか?』と聞かれたので、『食べていない』と言うと、『どこかで食べませんか?』と言われました。近くに牛丼屋があったので、2人で店に入りました」

 このときの姿が防犯カメラに写っており、法廷のモニターに示された。Aさん、Bさん、Cさんを殺害するときには、距離を離して歩いていたりしていた。すでに5人殺害しているが、警察が聞き込みにこず、逮捕もされていないことで油断していたという。また、このとき、白石被告は「お金がない」とストレートに話した。すると、Fさんは「私が払う」と言った。そのため、2人分の牛丼は、Fさんが支払っている。

タクシー運転手は「恋人同士のようにも見えた」

 その後、白石被告のアパートに行った後も、15時47分、アパート前から駅前のセブンイレブンまで行き、スイーツなどを購入した。コンビニでの代金やアパートまで戻った際のタクシー代はすべてFさんが支払っている。タクシーの運転手の証言では「男性が支払った」とされているが、そのお金はFさんのものだった。しかも、運転手からは「いちゃいちゃしているように見え、恋人同士のようにも見えた」というほど話が弾んでいた。

 こうしたことから、白石被告は「お金を引っ張れるか」を見極めていた。

「悩みを深掘りしていましたが、容姿のこと、恋人のことでした。悩みを解消してあげようと、容姿を褒めました。会う前は、死にたいなどの話はありましたが、会ってからはそうした話は出ませんでした。スイーツもかたっぱしから買い、衝動買いをすることでストレス発散をするタイプの子だと思ってました。

 金払いもいいので、お金を引っ張れるのではないかと思いました。17歳で、居酒屋バイトと聞いていました。当時の家賃が安いので、月に5万から10万あれば、生活ができました。そのため、Fさんからは月5000円から1万円引っ張ることができればいいと思っていました」

福島県に生きて帰そうと思っていた

 部屋で宅配ピザを頼み、その代金もFさんが支払っている。食事をし、コーラで割ったウィスキーを飲みながら、ヒモになろうという流れになっていった。このとき、Fさんもウィスキーコーラ割りを飲んでいたという。そして、話をしているうちに、白石被告が持っていた安定剤のデパスと、睡眠薬のハルシオンを勧めることになる。

「話をしていたら、不安を感じたと言っていました。そのため、『これを飲めば、安定するよ』と、安定剤を勧めました。また、(1人目に殺害した)Aさんが持っていた薬の瓶を見て、興味を示したので、その薬を飲ませました」

 この頃、Fさんは友人たちとLINEをしていた。捜索願が出されるかもしれないという話になっていた。白石被告は、Fさんからお金を引っ張ろうとしていたことから、この段階では、福島県に生きて帰そうと思っていた。Fさんを心配していた友人とのLINEでは、朝から自殺の話になっていた。以下はその一部だ。

Fさん 今日の夜、実行なんだ。遺書を置いてくるのを忘れた。親に連絡をとって、遺書を送ってほしい。

友人 自殺をするのを協力するのは犯罪になってしまうので、できない。

Fさん じゃあ、現場に(遺書を)添えることにする。

Fさんの最後のツイートは「ろれつが回らない」

 この後、2人はLINEで9時46分から10時25分の間、通話した。その後、友人は、110番通報している。そして、警察から「LINEのやりとりをやめないでほしい」と言われて、その後も続ける。Fさんが白石被告と会う直前にはこんなやりとりがあったという。

友人 どこにいるの?

Fさん ああ、心中相手のところ。あと2駅かな。

友人 どこか教えて。

Fさん 連れ戻そうとするから嫌だ。

友人 心中相手には会えた?

Fさん 場所は夜に言う。またね

友人 どこにいるの?

Fさん 今、家だから無理かも。ごめん、死ぬ直前じゃないと通話できない。

 夕方を過ぎると、「帰るよ、信じて」と友人に送っている。同じ頃、母親にも「今から帰る」とのメッセージを送った。これは、白石被告が指示したものだった。しかし、お酒を飲んでいると、いつの間にか2人は寝てしまっていた。Fさんの最後のツイートは「ろれつが回らない」というものだった。お酒と薬が効いてきたのだろうか。

次第に変質していった「殺害の動機」

 2人は眠ってしまったが、先に起きたのが白石被告だった。そのとき、「寝ている姿を見て、レイプをしようと考えました」と証言する。Aさん、Bさん、Dさんを殺害した動機は、ヒモになれないなら、レイプして殺害し、所持金を奪うというものだった。しかし、5人目の被害者・Eさんは、見極めが曖昧なまま、帰ってしまわないように殺害している。そして、Fさんは、ヒモになれそうだと判断したにもかかわらず、レイプしようと考えた。殺害の動機が変質していっている。

「Fさんの寝ている姿を見て、起きないように性行為をするか、起きてしまったとしても、抵抗できない状態で性行為をしたくなりました。そのため、ロフトの階段の下に布団を敷き、眠っているFさんを移動させ、布団の上に仰向けで載せ、後ろ手に結束バンドで縛り、足が動かないように両膝のところをビニールテープで縛りました。ロフトの階段から吊るしたロープの輪のところに首をひっかけました。目が覚めても、すぐに失神させることができますから。両膝が宙吊り状態で、そこから性行為をしました」

 ただし、途中で、Fさんの目が覚める。その後の情景について、検察官や弁護士の質問に詳細に答えた。

「途中で覚醒したとしても呼吸ができないように、口や鼻にガムテープを貼ろうとしました。口にガムテープを貼るときは、誰のときでも、真横に貼り、さらにバツ印になるように、3枚にして貼っていました。

 しかし、真横に貼った段階で、覚醒してしまいました。そのときに、テープの片側がビラビラしていたのを覚えています。口の左側が剥がれていました。完璧に貼っていたら声がでない状態ですが、剥がれていたので、大声をあげられたら困るので、首にあるロープを使って失神させました」

きちんと回答したのは30問ほどだった

 その後の手順は、これまでの被害者と同じだ。ただ、白石被告は、一つだけ自らの回答の撤回を申し出た。

「犯行当時のことについて、先ほど、弁護側の質問に、『捜査段階の記憶のほうが新鮮なため、基本的には、裁判の証言ではなく、取り調べ段階の記憶が正しい。しかし、録音、録画しているわけではないので、100%正しいとは言えない』と言いましたが、『大まかなことでは断片的な記憶があります。しかし、具体的な時刻などはわからない』に訂正します」

 10月29日、Fさんの事件に関する弁護側の被告人質問は、検察側の後に行われた。弁護側は、細かなやりとりを含めると120問以上、質問した。しかし、白石被告は80問以上については、小さな声で「黙秘します」と続けた。一方、「はい」「覚えています」など簡単なやりとりを含め、きちんと回答したのは30問ほどだった。

(渋井 哲也)

白石隆浩被告 ©️文藝春秋