2020年10月30日に放送された、バラエティ番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

タレントマツコ・デラックスさんと、お笑いタレント有吉弘行さんの発言に反響が上がっています。

番組では、視聴者から届いたネット上の誹謗中傷について「よく自分に関係のない他人のことについて、SNSで怒れるなと思う」というお便りを紹介。

すると、Twitterをやっている有吉さんは「誹謗中傷をする人は怒っているのではない」と持論を展開しました。

怒ってるんじゃないよ、憂さ晴らししてるだけだから。

別に「怒ってます」とかいってるだけだから。憂さ晴らしだから。

自分より下のヤツをみつけたいだけ。

マツコ&有吉 かりそめ天国 ーより引用

また、Twitterアカウントを開設した当初は、フォロワーと頻繁にやりとりをすることもあり、そこでよく揉めることもあったといいます。

どちらかが納得するまで意見を述べていましたが、ある時、気が付いたことがあったのだとか。

そのうちね、「あれ?まともじゃないぞこれ、相手」って気付き始めたんだよね。

それで、そうかこういうことしてくる人って「なるほど、そういう人だ」って思ってやめるようになった。

マツコ&有吉 かりそめ天国 ーより引用

有吉さんは、しだいに誹謗中傷する人を「怒っているわけじゃない。いじめたいだけなんだ」と思うようになったことを明かしました。

ネットの書き込みをよく見ているというマツコさんも、思うことがあるようです。

そんなに怒ってないし、そんなに関心もないのに『私は怒ってるんです!』『私は正義感のもとに動いてるんです!』ってそういう風に書き込んでいる人は多いと思うのよ。

マツコ&有吉 かりそめ天国 ーより引用

「本人はなんとなく書いていて、それが怒りなのかは分からない」という見解を示したマツコさん。

有吉さんは「誹謗中傷脊髄反射で行っていて悪いこととは思っていないだろう」と予想しました。

2人の意見は、思い当たる人も多いようで共感の声が上がっています。

・本当にそれ。変な正義感はどこから来るんだろうか。

Twitterでのやりとり、すごい分かるわ…。

・他人の心を傷付けていることは分かっていないのかな。

誹謗中傷によって、心が傷付いている芸能人は多くいます。また、芸能人でなくてもTwitterなどをはじめとするネット上の書き込みで心を病んでしまう人もいるでしょう。

「憂さ晴らしのために」といった理由で、誰かを傷付ける行為はやめてもらいたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
マツコ&有吉 かりそめ天国