有楽町、上野、銀座…60年前の東京には何がある?《秘蔵フルカラー写真17枚・山手線東側編》 から続く

 60年前の日本全国を貴重なカラー写真で撮影した『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』と『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』(ともに光文社)がロングセラーとなっている。

 著者は1927年まれのアメリカ人、J・ウォーリー・ヒギンズ氏。1956年に初来日し、その後日本と日本の鉄道に魅せられて60年以上在住している。

 60年前には貴重だったカラーフィルムで鉄道写真を撮り続け、現在はJR東日本国際事業本部の顧問を務めているヒギンズ氏。その写真集から、終戦直後に撮影された東京の様子を特別にセレクトし、一挙掲載する。今回は山手線の西側編。(全2回の2回目/山手線東側編へ)

 ◆◆◆

1950年代の新宿 これが60年前のアルタ前! 

 都電が走っているのが明治通りだ。手前の通りは拡張工事の真っ最中。この通りの左奥が歌舞伎町だ。当時の東京には、数は少なかったがトロリーバスも数年の間走っていた。都電の右側に見える緑色の車体がトロリーだ。トロリーは十分活用される前に、バスと地下鉄の延長に飲み込まれてしまった。ちなみに、このトロリーは、その後ずいぶん経って作られた副都心線と似たような路線を走っていた。

 1959年当時の東京のバスルートはかなりたくさんあった。都営だけでなく東急や西武などが、東京の中心部から、それぞれの会社が開発した山手線の外側の地へとバスを走らせていた。よく覚えている路線に、東京中央郵便局から等々力まで走るバスがあった。これは、都バスと東急の両方が走っていたように思う。

 都電14系統(杉並線)は山手線の西側を走っていた都電で、これは新宿西口の写真だ(写真奥に当時の国電の線路が見える)。都営になる前は西武鉄道路面電車(西武軌道線)が走っていた所で、その関係で、都電では唯一の1067ミリゲージの路線だった。だから車体も他の都電とは違う、2000形という特別なものだった。

 こちらは山手線の内側、靖国通りを走る都電12系統両国駅行き。

1950年代の渋谷 渋谷はいつも工事中

 渋谷はたしかにいつも工事中だ。が、前述したようにそれが東京という街なんだ。1957年の工事は、自動車道路を拡張して平らにして、山手線の高架下を通し、新しくできた路面電車のターミナルとつなぐためのものだった。

 当時、駅のこちら側(今で言う渋谷ヒカリエ側)には東急文化会館という建物があって、その2階で買い物をしたり、良いバーゲンをしていないかと店をのぞいたりしたものだった。その敷地には今は新しいビルが建っている。こちらのファッションビルは、まだ住宅ローンや子育ての支出に追われない若い人たちの買い物の場になっているようだ。

 これはマークシティができる前の井の頭線渋谷駅だ。渋谷駅を使って通勤していた頃は、よくホームの屋根がなくなるギリギリのあたりまで行って、井の頭線と玉電、そして銀座線の線路の終わりをカメラに収めたものだ。当時に比べるとホームが長くなった分、乗客は改札まで歩く距離も長くなった。一方で、お金を使うマークシティには簡単に出られるようになっている。

 銀座線が高架を走る。この写真を見てどこだかすぐわかる人は多いのではないだろうか。けれども、写っているビルも鉄橋もすでになく、代わりに大きな高層ビルが2棟、一帯を占有している。

 渋谷駅から宮益坂を上り青山へと向かう都電は、従来のルートを通ったが、坂を下るときは、新しくできた渋谷駅前ターミナルに入るために、違うルートを通ることになった。それで使わなくなった下りの線路を撤去中の写真がこれだ。

1960年代の飯田橋 首都高もビルもない

 飯田橋駅ホームから神田川を眺める。64年当時は、バスと都電が走っていた。都電はここから、日本橋、茅場町へと向かう。高層ビルがほとんどなく、首都高もなく、青空が広がっているのが、今見ると印象的だ。

1960年代の池袋 巣鴨拘置所の跡にサンシャインができた

 この写真は、西武百貨店の屋上から東口方面を撮ったもの。発展という意味では池袋は新宿や渋谷に後れをとっていたが、そうは言っても、元々奥地だったところを住宅用に開発して、そこからの人を都心に連れてくる西武池袋線東武東上線があった池袋は、昭和30年代、すでにかなり賑やかな場所ではあった。記憶が正しければ、池袋の西武百貨店本店は、当時都内で一番大きなデパートでもあった。

 その後、サンシャインシティが巣鴨拘置所跡にできた。アメリカでは都市によっては拘置所が雇用機会を生み出す重要な産業だというところもあるが、日本では、拘置所は開発の理由にはなっていなかった。

1960年代の赤羽 京浜東北線ホームは…

 京浜東北線ホームを望む。昭和30年代から赤羽駅は複雑な作りだった。ふだんから利用していないと迷子になるような構造だ。

 近年は埼京線まで入ってきたから、慣れない人にはますます分かりにくいことになっている。どのエレベーターエスカレーターを使えばいいかがわかっていれば、バリアフリーにはなっているから移動自体はそれほど大変とは言えないのだが……。

 とはいえ、昭和30年代に赤羽駅に詳しかったからといって、今行ったら、令和の赤羽駅では間違いなく迷子になるだろう。

1960年代の信濃町 オリンピックイヤーの駅舎には何がある?

 都内の駅としては当時からこぢんまりした駅舎の信濃町駅だが、オリンピックイヤーの駅舎には「歓迎 WELCOME」の看板が掲げられている。駅の左手にある橋は、従来路面電車用と道路用に分かれていた別々の橋を、オリンピックに備えて、拡張一体化したものだ。

1960年代の表参道 歩道はまだ舗装されず…

 夏祭り子どもで賑わう表参道。写真左手を走る車道は整備されていたが、歩道はまだ舗装もされず、今のようなファッションビルもない。子どもの姿がそこここに見られる素朴な街だった。変わらないのは中央奥にある、渋谷川沿いに立てられた石柱くらいだろうか。

 路面電車に比べると、バスは網羅性が低い。当時、青山通りから表参道の交差点を通って日比谷に向かう都電の9系統や、渋谷から神保町経由で須田町に向かう10系統を使っていた私のような人間は、今は銀座線半蔵門線、もしくは千代田線を使っていることだろう。

 当時、例外はあったものの、電車、路面電車トロリーバスの車掌は男性だった。車掌の主な仕事は乗車券を売ることだ。僕が来日した当時の路面電車の乗車賃は10円だったから、降りるときに小銭で払うこともそう厄介ではなかったが、おつりが出る機械があったわけではないから、支払いにはぴったりの金額を持っている必要があった。でも車掌さんから切符を買えばおつりをもらうこともできたし、降りるときも、入り口からでも出口からでも降りられたから、便利だったのだ。バスの車掌は女性の仕事だった。

 ところが、東急バスの、渋谷から(当時私が住んでいた)初台の路線は車掌が若い男性だった。このためだろうか、この路線は夜遅くまで走っていた。

 写真の都電の左に見える、書店の壁に描かれた黄色を基調とした絵は、長く『週刊新潮』の表紙絵を描いた谷内六郎氏のもの。表参道ランドマークだ。

1950年代の中目黒 日比谷線が通る前

 この写真は1964年日比谷線が通る前の東横線中目黒駅だ。目黒川と現在の山手通りをまたぐように線路が高架になっている。当時の山手通りは今に比べるとかなり幅が狭かった。東横線の建設中だった1926年から27年頃には、すでにこの通りはここにあったようだ。だから線路を建設するときに目黒川とこの通りの上を通したのだろうと思う。この写真はホームの端に立って、渋谷方面に向かってシャッターを切ったものだ。

1960年代の三軒茶屋 “イモムシ”が走る町並み

 この写真は「イモムシ」と呼ばれる独特な形の玉電を撮りに、三軒茶屋まで行って撮ったものだ。イモムシだけを写真に収めるつもりだったが、シャッターを切る瞬間に手前の車が画面の中に入り込んでしまった。一瞬の出来事だったので、手を止めることもできなかった。しかし、この車のおかげで、後年この写真は『昭和30年代乗物のある風景』という写真集に採用されることになった。人生、何が幸いするかわからないものだ。

1960年代の代官山 生活の中を電車が走る

 子どもたちの生活の中に電車がある。こうやって電車が通り過ぎるのを飽きずに眺められるのは、子どもも僕も一緒だ。昔は、電車に乗ると、子どもたちは飽きずに車窓から外を眺めていたけれど、今は携帯がないと時間がつぶせない小さな子も多い。電車に乗っていると、人々の生活が垣間見られる。

(J・ウォーリー・ヒギンズ)

新宿伊勢丹屋上(新宿区)1961年4月30日 ©J・ウォーリー・ヒギンズ