2020年上半期、コロナの影響によって大手マッチングアプリは新たなサービスを実装するという発表が相次ぎました。これからの出会いの潮流について、マッチングアプリの出会い事情に詳しい恋愛コンサルタントの鈴木リュウ(@ryu_suzuki01)さんに話を聞きました。

オンライン飲み
画像はイメージです(以下同じ)

オンライン○○機能が続々と実装

 大手マッチングアプリのPairsやタップル誕生は、それぞれオンライン上で顔を合わせて会話できるビデオデートオンラインデート)を実装したほか、コンパde恋プランなどの大手合コンマッチングサービスZoom上で初対面の男女がお酒を飲みながら会話できるオンライン合コンプランを発表しています。

 ビジネスの場面でZoom会議が普及したように、今後恋愛面でもオンラインコミュニケーションする方法が普及すると盛んに喧伝するメディアも少なくありません。

 やはり、メディアが盛んに報じるように、オンラインでの出会いやデートアフターコロナの恋愛の新しいスタンダードになるのでしょうか。

リモート飲みは衰退の一途

デート

「いえ。コロナ以降の恋愛事情は1ミリも変わらないですね。むしろ、そうした新サービスリリースされるたびに『これが今後の恋愛の新しいかたちになる!』とメディアは喧伝しているきらいがありますが、流されてはいけません」(鈴木リュウ、以下同)

 鈴木さんによると、コロナ以降、マッチングアプリではビデオデートを試す女性がいたものの、概ね最終的な出会いの着地点は変わらないと言います。

「これまでの人類史において、男女の肌が触れ合わずに愛が成就したことは一度もありませんマッチングアプリの出会いの入口にオンライン通話が導入されたという“ニュース”も、20年近く前の2ショットダイヤルや出会い系サイトなどの時代から機能的には本質的に一緒。そのため、大きく戦略を変更する必要はないです」

有名なデートスポットはカップルだらけ

 事実、すでに都内のデートに使われることが多いレストランデートするカップルで溢れているとか。

表参道地中海料理店シカダ、天王洲アイルアメリカ料理店T.Yハーバーなど、有名な初対面デートスポットはどこもコロナ前の混雑状況に戻っていますオンラインで飲むくらいなら、よりメッセージを重ね、対面でおいしい料理を食べながら互いの仲を深める。そのほうが価値が高いことが再確認されつつあります」

 鈴木さんによると、オンライン飲み(デート)をする人が少なくなっていることが端的に示せる例があるといいます。

「4~5月ごろにはあれだけ流行った“Zoom飲み”を今している人ってほぼいませんよね。実施した女性の中には『お酒代が浮くし、ラク!』という声も耳にしました。

 が、今はマッチングアプリで出会った女性にオンラインでの飲みを提案するとむしろ『おいしいものを食べながら普通に神楽坂で話したい』と返信がきます。オンライン飲み会は、オフライン飲み会と機能的に等価ではないどころか、ほぼ価値がなくなりつつあるのです

ストレートに誘うほうがむしろ…

スマホ 女性

 たしかに、5月ごろ男性週刊誌が盛んに称賛していたオンラインデートサービスはまったく取り上げられなくなりました。では、今後はマッチングアプリに実装されているオンラインデート機能はどのようになっていくのでしょうか。

「使う人はどんどん少なくなるでしょう。強いて言えば、遠距離の方同士では使われる機能になるかもしれません

 しかし、それはごく一部のユーザーのニーズに応えているだけで、スタンダードには決してならないといいます。

「むしろ、コロナで人と会う回数が極端に減ったことから、その反動でアプリではすぐに会える近所の人を探している女性が増えています。最初のメッセージでも『すごくタイプなので飲みに行きましょう!』と冗長なやりとりをせずにストレートに誘うほうがまどろっこしくなくてむしろいいという声が多い。

 そして恵比寿や広尾など女性が喜ぶエリアしっぽりと飲むのが近道。新しいサービスが出るたびにメディアはそれを使ってみて称賛しがちですが、対面デートでより女性を喜ばせられる人コロナ以降のモテる男性として台頭してくるでしょう」

TEXT/bizSPA!取材班>

【鈴木リュウ】

30〜40代男性向け恋愛コンサルタント彼女できない、結婚できない男性にモテるノウハウを提供。PRESIDENT、SPA!、新R25、実話ナックルズほか出演。 ■Twitter:@ryu_suzuki01

画像はイメージです(以下同じ)