「6 from HiGH&LOW THE WORST」

 THE RAMPAGE川村壱馬らが出演する映画「HiGH&LOW THE WORST」。19日より日本テレビで全6話で放送されるその新作スピンオフドラマ『6 from HiGH&LOW THE WORST』の新キャストとして、森崎ウィン、見上愛、美保純の出演が発表された。

 2019年に公開され、最終興収12.5億円の大ヒットを記録した映画「HiGH&LOW THE WORST」に登場した、希望ヶ丘団地・幼馴染6人のその後の世界を描く新作スピンオフドラマ「6 from HiGH&LOW THE WORST」が11月19日より日本テレビで全6話で放送。出演は映画に引き続き、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、中務裕太・小森隼(ともにGENERATIONS from EXILE TRIBE)、白洲迅、富田望生、矢野聖人。監督には「HiGH&LOWシリーズを手掛け日本映画界に新たな旋風を巻き起こしている、久保茂昭。

 さらに、「クローズ」「WORST」の原作者・高橋ヒロシ(※高は正式にははしごだか)が、映画に引き続き本作も脚本を担当。「クローズ」「WORST」のように、バックボーンが見える、アツくて個性的で魅力的なキャラクターたちが、日本中の人々の心に届く熱く温かい友情物語を紡ぐ。

 新しく「HiGH&LOW」の世界に加わる新キャストを解禁。

 楓士雄(川村壱馬)のことを探し回る、”謎の男”坂田基晃(さかた・もとあき)役に、映画『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューし注目を集め、ドラマ・映画への出演のほか、今年歌手としてメジャーデビューも果たすなどマルチな活躍で勢いに乗る森崎ウィン。楓士雄との熱いバトルも感じさせる、2人が真正面から睨みあう場面写真も併せて初解禁。

 また、絶大なパワーを持つ兄弟、尾々地真也(中務裕太)・正也(小森隼)の通称”オロチ兄弟”に深く関わっていく女子大生・市川真歩(いちかわ・まほ)役に、昨年デビュー直後から、ミュージックビデオドラマ、映画に出演が続く新人女優・見上愛、その”オロチ兄弟”の母親役には、美保純が出演する。

 そして、本作の挿入歌として、DOBERMAN INFINITYの「6-Six-」「SO WHAT」が決定した。

 「6-Six-」は、前作から約1年後の12月2日リリースとなる、記念すべき10枚目のシングルで、本作のための書き下ろし。「ここが居場所だから」と幼馴染6人の気持ちに寄り添った、固い絆と仲間の大切さを現した歌詞となっている。

 さらに、本ドラマの初回放送直前の11月19日19時より、オンライントークイベントの開催も決定。

 幼馴染キャストの川村壱馬、中務裕太、小森隼、白洲迅、富田望生、矢野聖人の6人と一緒に、どこよりも速くドラマ第1話をオンラインで鑑賞。9日よりチケット販売もスタートした。