2021年2月5日(金)公開の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』から本予告編が公開された。

ザ・ファブル』は、『週刊ヤングマガジン』連載で連載されていた南勝久氏による同名漫画を岡田准一主演で実写映画化した作品。ひょんなことから大阪で一般人として生活することになった伝説の殺し屋ファブル”の日常生活を描いた物語で、シリーズ第一弾の実写映画『ザ・ファブル』は、2019年6⽉21⽇(⾦)に劇場公開された。

シリーズ第二弾のタイトルは、『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』に決定。今回は、ファブルアキラが、ボスからの命令「誰も殺すな。普通に暮らせ」を守りながら、相棒のヨウコと兄妹のフリをしながら平和な毎⽇を過ごしていたところに、新たな危険人物が現れ、街全体を巻き込む騒動に発展していく。前作に引き続き、主人公アキラファブルを岡⽥准⼀が演じるほか、ファブルの妹として⼀般社会に潜⼊する相棒・ヨウコ役で⽊村⽂乃ファブルをプロの殺し屋に育てたボス役で佐藤浩市アキラバイト先のデザイン会社社⻑・⽥⾼⽥役で佐藤⼆朗バイト仲間で親の借⾦返済のために働くミサキ役で⼭本美⽉、裏社会の組織でファブルの世話⼈を請け負う真⿊カンパニー社⻑・海⽼原役で安⽥顕海⽼原の部下でファブルを慕うクロ役で井之脇海ら前作からのキャストが再集結している。さらに、ファブルから唯⼀逃げ切った男・宇津帆役で堤真⼀が登場。新ヒロイン・ヒナコ役で平⼿友梨奈、宇津帆の右腕の凄腕殺し屋・鈴⽊役で安藤政信も参戦。前作に引き続き、江口カン監督がメガホンをとり、アクション監督を『牙狼-GARO-』の横山誠氏が務めている。

 


岡田は、アクション制作の初期段階からファイトコレオグラファーとして参加。自身の出演がないシーンにも関わらず現場に入り、共演者を鼓舞したとのこと。解禁された予告編は、団地を舞台に岡田がパルクールの“ヴォルト”で吹き飛んだ扉を華麗にかわすシーンからスタート。その後も、駐車場での立体的な戦いや、カーアクション中に車にぶら下がるアクロバティックなスタントなど、激しいアクションシーンが満載だ。また、相棒のヨウコがナイフで襲い掛かる鈴木と戦う姿も。さらに、心を閉ざした車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)が銃を構えながら感情を爆発させるシーンも収められている。

ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は2月5日(金)全国公開。