「サプリ」「&―アンド―」などで知られるおかざき真里の読み切り作品「へんげくうかい」が、本日11月18日に発売された週刊ビッグコミックスピリッツ51号(小学館)に掲載された。おかざきがスピリッツに登場するのはこれが初めて。

【大きな画像をもっと見る】

「へんげくうかい」は平安時代に生きた高僧・空海の若き頃の物語。洪水に苦しむ村にやってきた彼の活躍を、大胆な脚色を加えて描く。なお11月27日発売の月刊!スピリッツ2014年1月号(小学館)のイラストコーナー非日常な彼女」にも、おかざきによる描き下ろしイラストインタビューが掲載される予定だ。

そのほか今号のスピリッツでは、ゆきもり原作、ソラキスズ作画による「プラモ男子とプリチー女子―ミズオとイエナの一年戦争―」が最終回を迎えた。また11月25日発売の同誌52号では、土屋雄民による新連載「黒鉄ボブスレー」が始動するほか、青野春秋による読み切り「河野さん」が収録される。

おかざき真里の読み切り作品「へんげくうかい」の扉イラスト。