遠距離恋愛になるとどうしても寂しくなりますし、お互いの顔が見えないことから、心配になることもきっとあることでしょう。彼氏にちょっとした愚痴を言ったことでケンカになったり、亀裂が入ることがありますから、発言には気をつけたいことろです。
そこで今回は、遠距離恋愛中に彼氏を不安にさせる禁句についてご紹介していきますので、みなさんの参考になれば嬉しいです。


他の男性の話はしない

彼氏との遠距離恋愛中に、「職場にカッコイイ人が入社したよ」と安易に言ってしまうと、男性はかなり嫉妬してしまいます。
やはり近場にいる男性だからそこ、そんなことを言われてしまうと心配になりますし、「浮気しているかも」と不安な気持ちになります。
いくらあなたのことを信用していても、他の男性の話をされるといい気分はしませんから、遠距離恋愛中は絶対に言ってはいけません。


無関心な態度をする

遠距離恋愛が続くと、自然と電話の回数も増えていくかもしれませんが、彼氏が話しているときに「へーそうなんだ」「ふーん」といった無関心なことを言ってはいけません。
男性からしてみれば「もう俺に興味がないのかな?」と不安になってしまい、徐々にあなたから遠ざかってしまう可能性がありますよ。
こういった無関心な言葉を言ってしまうと、別れる原因にもなりますから、遠距離恋愛だからこそ、彼氏の話にしっかりと興味を持ってくださいね


連絡を忘れたことに言い訳する

仕事や何らかの言い訳をして、「忙しいから連絡できない」「疲れてて忘れた」などと、連絡を忘れたことに何かのせいにして言い訳をすることです。
忙しいのはお互い様ですから、せっかく彼氏がマメ連絡をしてくれているわけですから、言い訳をせずメールぐらいは返信してあげましょう。
こうしたことを遠距離恋愛中に言われてしまうと、彼氏も不安になりますから、しっかりと意識してくださいね


愚痴は言わない

遠距離恋愛中の彼女と、せっかくラブラブしながら電話をしたいと思っているにも関わらず、あなたがずっと愚痴ばかり言ってしまうと不安をあおってしまうので、絶対に言ってはいけません。
たとえ彼氏の愚痴じゃなくても「〇〇がさぁいつもこうなんだよ」などど電話中に言われてしまうと、あなたに対してだんだん気持ちも冷めてしまいます。


まとめ

彼氏との遠距離恋愛中だからこそ、ちょっとした言葉が相手の不安をあおりますから、常日頃から十分気をつけてくださいね
「職場の〇〇くんがカッコイイいいよ」など言われたら、遠距離にいる彼氏からしたら不安ですし嫉妬でしかありません。絶対に遠距離恋愛中の彼氏に言っちゃダメですよ。
(ハウコレ編集部)

【絶対言っちゃダメ!】遠距離恋愛中に彼氏を不安にさせる禁句