旅客機ではドアが閉まった直後、乗客向けではないアナウンスをします。ANAの場合「セットスライドバー」という言葉を使用。これはどういった意味なのでしょうか。そしてこの言い回しに変わったのは、数年前。なぜ変えたのでしょうか。

一部ではネット用語にも

出発直前の旅客機では、そのフライトにおけるCA(客室乗務員)業務の責任者「チーフパーサー」が、乗客ではなく、おもに機内の各エリアを担当するほかのCAに向け、業務指示をすることが一般的です。

ANA全日空)機が出発する直前、ドアが閉まった直後に「セット スライド バー(Set Slide Bar)」という業務指示がチーフパーサーから発出されます。これをひらがなで表記した「せっとすらいどばあ」は、一部で「ANA便でいまから出発する」といった意味などで、ネット用語として用いられる場面も見られます。

ANA広報部によると、これは「出発前のドア操作を実施するための業務指示」とのこと。

飛行機のドアには、ふたつのモードがあります。この差は、開けたときに緊急脱出用スライド(脱出シュート)が出るかというところです。

飛行機が動いているときは、万一の有事の際、ただちに旅客が機内から脱出できるよう、客室ドアを開けたらスライドが膨らみ、勢いよく射出するようになっています。一方、地上で駐機時は、人の乗り降りのためドアを開けても、スライドが出てしまわないようCAが設定を切り替えます。

このドアモード切り替えの動作は極めて重要で、大切な保安業務の一環です。一方、その切り替えの業務指示の文言は、航空会社ごとに定められているのが日本では一般的です。ANAの場合は、これが「セット スライド バー」にあたるのです。

「セットスライドバー」誕生経緯 そしてその意味は…

このドアモード切り替えを意味するANA機の出発前の業務指示の「セット スライド バー」、実は同社では、かつて違う言い回しでした。

ANA広報部によると、「セット スライド バー」の文言が使用されたのは、2016(平成28)年12月からとのこと。それ以前は「ドアーズ フォー ディパーチャー(Doors for Departure)」という言い回しだったそうです。

この変更について、ANAは「より業務の目的に合わせた行動を指示するため」としています。従来の「ドアーズ フォー ディパーチャー」の場合は、直訳すると「出発するためのドア」「出発の扉」など婉曲的な表現なのに対し、「セット スライド バー」は「スライドのバーをセットせよ」で、直接的な表現となっています。

なお、この現行の「スライドバー」という言葉ですが、「スライド」は脱出用スライドのことを指し、「バー」はスライドを降ろすための「ガートバー(Girt Bar)」というパーツを指すようです。

アメリカの旅行メディア「ザ・ポインツ・ガイ(The Points Guy)」によると、ガートバーをドアのフレームと接続することで、スライドが出るようになるそうです。現代の旅客機では、ドアのレバーなどを動かす事で、このバーが機体側に固定され、スライドが出るモデルが多数です。なお、ボーイング737シリーズなど一部モデルでは、レバーによる操作ではなく、実際に「バー」をドアにセットするシーンも見られます。

出発直前のANA機のイメージ(2019年、乗りものニュース編集部撮影)。