2014年に公開されメガヒットを記録した3DCGアニメーション映画STAND BY ME ドラえもん』の続編『STAND BY ME ドラえもん2』(公開中)で前作から続投する3名、「大人のび太」の声優を務めた妻夫木聡、八木竜一監督、山崎貴脚本・共同監督の鼎談を行い、プレスコアフレコの制作秘話や、本作のベースとなった原作の名エピソードおばあちゃんのおもいで」(てんとう虫コミックスドラえもん』第4巻収録)について語ってもらった。

【写真を見る】大人の色気を身にまとった妻夫木聡、39歳の素顔を撮り下ろし!

本作では、のび太ドラえもんタイムマシンで過去へ行き、亡くなったおばあちゃん(声:宮本信子)と再会する。おばあちゃんは、小学生になったのび太を見て驚きつつも、やさしく受け入れ「あんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃった」とつぶやく。そこでのび太たちは再びタイムマシンで、のび太結婚式当日へ向かうが、なんと当ののび太は逃げだしていたのだった…。

――国内興収83.8億円、全世界興収100億円超えという大ヒットを記録した前作『STAND BY ME ドラえもん』ですが、続編となる本作の製作が決定した時の感想から聞かせてください。

山崎監督(以下、山崎)「前作は一生に1度の『ドラえもん』CG映画というお祭りだと思い、惜しげもなく入れたかったエピソードを全部投入したので、続編が決定した時、うれしかった反面、どうしよう!?と思いました(苦笑)。それで、1作目で入れたかったのに入れられなかった『おばあちゃんのおもいで』をベースにすることにしたのですが、そこからが四苦八苦でした」

妻夫木「確かに前作は、なんて贅沢な『ドラえもん』映画なんだろうと思いました。それで、今回はなにが原作なのかと思ったら、僕も大好きな『おばあちゃんのおもいで』が入っていたので、脚本を読んだ時点で泣いちゃいました」

■「たまたま公開延期され、『TENET テネット』が先に封切られたことが良かったのかもしれません」(八木監督)

――八木監督は山崎監督の脚本を基に、どんなことを意識されて挑んだのですか?

八木監督(以下、八木)「のび太ドラえもんが過去と未来を何度も行き来する話なので、お客さんがどこの時間軸にいるのか迷わないように、ちゃんとついてこられるような作りにするよう、気をつけました。ちょうど今年は先に『TENET テネット』が公開されましたが、本作はあそこまで難しくはないと思います(笑)

――クリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』は時間を何度も逆行する物語ですが、確かに本作とは時空を行き来するという共通点がありますね。そのおかげで、本作の設定に入りやすく感じたかもしれません。

八木「そう考えると、たまたま私たちの映画がコロナで公開延期になり、『TENET テネット』のほうが先に封切られたことはかえって良かったのかもしれませんね」

山崎「タイミングとしてはね。もちろん、ねらったわけではなかったのですが(笑)

■「おばあちゃん役の宮本さんの声が、すばらしすぎました」(妻夫木)

――今回の脚本で工夫された点や、描きたかったポイントとは?

山崎「まずは『おばあちゃんのおもいで』を入れられる喜びが一番大きくて、そこからのび太結婚式と絡めた話にすれば、前作ともつなぐことができるなと考えました。今回描くのは、野比家のサーガです。時系列シャッフルされているけど、のび太が生まれ、そのひとり息子が結婚する前での話となっています」

――おばあちゃんの初登場シーンで、ゆっくりと歩いてくるしぐさが印象的でした。

八木「実は、漫画でもおばあちゃんが通り過ぎるシーンは2コマかけてじっくりと描いてあったんです。年をとると関節が下がり、その重みでガニ股になってしまうそうで、あの体勢にしました。着物を着ているので大股に歩けないから、すり足的に少しずつ進む感じです」

妻夫木「本当に遅いのに、観ているほうはその間を待てるんです」

八木「そうですね。観ている側も、のび太と同じ気持ちになれると思います」

――宮本信子さんが声優を務めたおばあちゃんがとても味わい深かったです。

妻夫木「宮本さんの声は、すばらしすぎました。のび太が未来から来たことも本当に信じてくれているんだなと、説得力を感じました」

――のび太おばあちゃんのび太とパパ、のび太しずかちゃんが、それぞれ手をつなぐシーンでは、胸にぐっと迫るものがありました。

妻夫木「僕自身も、おばあちゃんの思い出と言えば、手の感覚なんです。おばあちゃんとは、田舎に帰るたびに手をつないだり、肩を貸したりしていたので。おばあちゃんがぎゅっと強く握る感じや、手をつないだ時のしわしわな感じは、いまでも残っています。きっとおばあちゃんはあの瞬間に、自分の想いを僕に伝えようとしていたのかなと。

いまでも覚えていますが、ある日、おばあちゃんが車を降りる際に親父と2人で同時に手を差し出したことがあって。そしたら、おばあちゃんが親父の手を振り払い、僕の手を取ったんです(苦笑)」

山崎「おばあちゃん、振りはらうことはないのにね(笑)お父さんショックだったんじゃないの?」

妻夫木「親父は無言でしたが、ちょっとおもしろかったです(笑)。やっぱり孫っていうのは特別な存在なのかなと思いました」

■「のび太は自己評価が低いけど、実は両親のいいところを引き継いでいる」(山崎監督)

――「ぼくの生まれた日」(てんとう虫コミックスドラえもん』第2巻収録)のエピソードも入っていますが、のび太のパパが、生まれたばかりののび太に指を握らせるシーンも感慨深かったです。

八木「手のアップでは、相手がどうやって手を差しだして握るのかで、お互いの関係性を象徴するように描きました。例えば、大人のび太と大人しずかは対等な立場にいるから同時に握るし、おばあちゃんのび太の手を包み込むように握る、また、赤ちゃんのび太は手が小さいから、パパの指を握るんです」

妻夫木「あれは、絶対にやります。また、のび太が生まれた日に、お父さんとお母さんが息子に対しての期待を口にするシーンは、台本を読んでいた時は、ほんわかして心温まるなと思っただけでしたが、完成した映像を観ると泣けるんです。僕自身も自分の子どもが産まれた時は、いろいろな気持ちがあったなとか、子どもの名前を付ける時も、様々な想いを込めてつけたなとか、振り返ったりもしました」

――その日のエピソードが伏線となって、結婚式でののび太のスピーチにつながっていきますね。演じた妻夫木さんは、どんなふうに臨みましたか?

妻夫木「当時は僕自身も結婚して間もないころで、自分と重なるところが多かったし、過去の親父や母、おばあちゃんや兄といった、いろんな人の姿が思い浮かぶようなシーンにしたいなと思いました。ただ、最初にやってみた時は、自分の感情が入りすぎてしまったので、家でずっと練習しましたスマホで録音したものを自分で聴いて、いい塩梅の声を探っていった感じです。スピーチシーンが終わったあとも『本当にあれで良かったんですか?』と何回も監督に聞いてしまいました(苦笑)」

八木「あれが良かったんですよ!そんなに練習されていたとは知らなかったです」

妻夫木「どのシーンも、前作の倍以上は練習しました

山崎「僕らにしてみれば、妻夫木さんの声を聴くたびに『いいじゃない!』とうなずいていたんですが」

――スピーチの内容もすばらしかったですし、のび太の人となりが伝わってきて感動しました。

八木「のび太はのんびり屋でだらしない部分やダメなところもたくさんあるけど、その奥底には、やさしさや諦めない気持ちを持っているんだというところを妻夫木さんがしっかりと表現してくれました。最後のスピーチは本当に良かったです」

山崎「そうなんです。のび太は自己評価が低いんだけれど、実は両親のいいところを引き継いでいると思います。そこをのび太自身、今回の旅のなかで多少なりとも気づけんじゃないかと。もちろんそこに至るまでは、大変な旅になったわけですが」

妻夫木「両親はもちろん、やっぱりおばあちゃんの優しさや強さがあったからこそ、いまののび太があるのかなと。そこは本当に感動しました」

――まさにコロナ禍において、とても心に響く家族の物語となりました。

八木「プレスコ(脚注:映像が完成するよりも先に台詞の録音をすること)をやっていたころは、まさか公開時期にいまのような状況になることは全く想像してなかったです」

山崎「確かにそうですね」

妻夫木「僕がプレスコに参加したのは2年前で、結婚はしていましたが、まさか公開時に自分が父親になっているなんて、思ってもみなかったです。でも映画を観て、家族というものは本当に愛にあふれているんだなと、改めて感じました。ぜひ、多くの方に本作を観ていただき、また“ドラ泣き”をしてもらえたらうれしいです」

取材・文/山崎伸子

『STAND BY ME ドラえもん2』で「大人のび太」役を務めた妻夫木聡、八木竜一監督、山崎貴脚本・共同監督を直撃!/撮影/Maho Korogi