「ワイルド・スピードシリーズなど、多くの人気映画に出演している人気俳優ドウェイン・ジョンソンが、自身のInstagramで体が大きすぎてポルシェ「タイカン」に乗れなかったというエピソードを披露して話題になっています。ビッグな男にポルシェは小さすぎた……。

【写真】ポルシェ「タイカン」に乗り込もうとするドウェイン・ジョンソン

 ドウェイン・ジョンソンは、根強い人気を誇る「ワイルド・スピードシリーズのほか、「ジュマンジ」「カリフォルニアダウン」など、多くの作品に出演している映画スター。元プロレスラーという経歴を持ち、当時から「ザ・ロックロック様)」の愛称で親しまれています。

 そんな「ビッグな男」ドウェイン・ジョンソンが自身のInstagramで公開した写真とは、Netflixで配信予定の映画「レッドノーティス」の撮影風景を捉えた1枚。真っ白ポルシェ「タイカン」に乗り込もうとしている姿が映し出されていますが……なんだか様子がおかしいですね。

 ポルシェ初のEV(電気自動車)である「タイカン」を使ったシーンを撮影しようと、ローソンマーシャルサーバー監督に指示を受けて、運転席に座ろうとするも……ドウェイン・ジョンソンのわがままボディがそれを許しません。分厚い筋肉に覆われた大きな身体を、小さな運転席に収めようと四苦八苦。無理だって……!

 サーバー監督とドウェイン・ジョンソンの間には何とも言えない空気が流れ、しばしの沈黙が訪れたあと、耐えきれなくなり周囲のスタッフたちと大爆笑したというエピソードが添えられていました。

 ちなみに、タイカンのサイズは4963(全長)×1966(幅)×1378(高さ)ミリ。スポーツカーとはいえ、そこまで小さなクルマでないのですが、ロック様の筋肉量の凄まじさがうかがえますね。

俳優ドウェイン・ジョンソン、ポルシェに乗れない 映画撮影中の珍エピソードを公開