冬型の気圧配置 雪の所も 三連休明けは

画像

きょう23日(月)は勤労感謝の日(祝日)。三連休最終日となりましたが、日本の東の前線を伴う低気圧が東進し、大陸からは高気圧が張り出してきています。日本付近は一時的に西高東低の冬型の気圧配置となっています。日本海側や南西諸島は雲に覆われ、所々で雨が降っており、北海道は雪の降っている所もあります。太平洋側はからっと晴れています。

午後は、引き続き日本海側や南西諸島は雲が多い見込みです。北海道東部は日差しが届きますが、西部は夜に再び雪の降る所があるでしょう。平地でも、雪がうっすら積もる見込みです。路面の凍結する所がありますので、路面状況の変化に注意し、車の運転に注意してください。東北日本海側は雨が降って、雪の混じる所がある見込みです。北陸や近畿、山陰、南西諸島は日差しの届く時間がありますが、雨の降る所があるでしょう。他は晴れる見込みです。
日中の気温は北海道は5℃に届かない所や、東北は一桁の所が多い見込みです。東・西日本は18℃前後でしょう。日本海側を中心に、きのうより5℃くらい低くなる所が多い見込みです。太平洋側は北風が冷たく、きのうより体感温度は低いでしょう。

あす24日(火)、全国的に晴れますが雲が広がりやすいでしょう。北海道西部は明け方にかけて雪の降る所がある見込みです。
朝の予想最低気温は、きょうより低い所が多く、冷え込むでしょう。北海道氷点下の所があり、東北~西日本にかけて一桁の所が多い見込みです。朝の通勤時は暖かい服装で。
日中の予想最高気温は、東北や関東甲信、東海はきょうより3℃程度下がる所がある見込みです。北海道は5℃前後、東北は10℃前後、東・西日本は16℃前後でしょう。

冬型の気圧配置 雪の所も 三連休明けは