アメリカ11月3日大統領選挙が行われてから、はや20日が経とうとしている。ドナルド・トランプ大統領はいまだ敗北を認めないものの、すでに多くの国々が、ジョー・バイデン次期大統領当選者に祝福の電報を送っており、うち主要な同盟国の首脳は、電話で直接、祝意を述べた。11月12日に電話で15分弱話した日本の菅義偉首相もその一人である。

JBpressですべての写真や図表を見る

 そんな中、いまだ沈黙を貫いているのが、北朝鮮金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長だ。10月2日に、トランプ大統領新型コロナウイルスに感染していることを告白した際には、見舞いの電報まで送って、トランプ大統領を感激させた。それが大統領選挙の後は、とんと音沙汰がない。

 いったい北朝鮮はいまどうなっていて、バイデン新政権とは、どう付き合っていくつもりなのか? 北朝鮮の「後見国」とも言える中国から、長年「平壌奥の院」をウォッチしている人物に話を聞いた。

トランプ大統領との首脳会談が金正恩委員長の最大の誇りだったのに

――北朝鮮はなぜ、バイデン次期大統領当選者に祝電を打ったり、官製メディアを通じて祝意を述べたりしないのか?

「それは、主に二つの理由による。第一に、金正恩委員長の『トランプ敗北ショック』が、あまりに大きいことだ。

 金正恩委員長は常々、幹部たちの前で、『オレはトランプ大統領と3度も会談したんだ』と自慢していた。祖父の故・金日成(キム・イルソン)主席も、父親の故・金正日キム・ジョンイル)総書記も、アメリカ大統領と握手することはかなわなかった。それを自分は3度も実現したというのが、若くて実績もほとんどない金委員長にとって、最大の誇りだったのだ。

 実際、金正恩政権はトランプ政権と、密かにトランプ政権2期目の米朝関係に関する青写真を描いていた節がある。つまり、米朝でどうやって北朝鮮の核開発問題に決着をつけるかを、両首脳の間では決めていたのだ。

 金正恩政権は、来年1月に第8回朝鮮労働党大会を開くと宣言している。これも1月20日に2期目の4年を始める予定でいたトランプ政権と足並みを揃えて、米朝新時代を謳おうということだった。

 ところが、そのトランプ大統領が、あろうことか敗北してしまった。そのため、平壌中区域の金正恩官邸は、まるでワシントンホワイトハウスのように、沈鬱なムードが漂っている。

 側近の幹部たちは、『選挙に不正があったようです』とか、『まだ確定したわけではありません』『トランプ大統領は裁判で争うと言っています』などと阿諛追従を述べて、金委員長を慰めている状態だ」

――北朝鮮が、バイデン氏の勝利が確定したアメリカに対して沈黙しているもう一つの理由は何か?

「それは、北朝鮮外務省の中で、外にも漏れてくるほどの激しい権力闘争が勃発していることだ。具体的には、李善権(リ・ソングォン)外相と、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の対立だ。

 昨年2月に、ハノイで2度目の米朝首脳会談が完全決裂に陥った後、北朝鮮で交渉を仕切っていた金正恩委員長の二人の側近の間で、責任のなすりつけ合いが起こった。金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長と、崔善姫次官だ。

 この時は、崔次官が生き残り、金英哲副委員長は失脚した。その際、金英哲副委員長が自分の後を託したのが、長年の側近である李善権だった。李善権は、金正恩委員長の妹である金与正(キム・ヨジョン)党第一副部長からも信頼を置かれていて、今年1月に晴れて外務大臣に就任した。実は崔善姫次官もこのポストを狙っていたが、『ハノイの決裂』の後遺症がまだ残っていたため、内部昇格は見送られた。

 その李善権新外相が、崔善姫次官と、対米戦略を巡って激しく対立した。それによって、北朝鮮外務省は身動きが取れなくなってしまったのだ」

情報将校出身の外相と米国通の外務次官

 李善権は、金英哲と同じ、朝鮮人民軍の情報将校出身である。2004年に南北軍事実務会談の北朝鮮代表を務めて以降、一貫して対南(韓国)担当を担ってきた。南北合同で運営していた開城(ケソン)工業団地の責任者も務め、2010年には祖国平和統一委員会委員長に就任し、対南担当の責任者となった。

 2017年4月に最高人民会議の外交委員になり、2018年4月には朝鮮労働党中央委員会候補委員にも選ばれている。今年4月には、国務委員と党中央政治局候補委員にも昇格した。

 一方の崔善姫外務次官は、金日成主席と金正日総書記に仕えた崔永林(チェ・ソンリム)元首相の養女で、北朝鮮外務省きってのアメリカ通として知られる。3度にわたるトランプ大統領金正恩委員長の米朝首脳会談の実務責任者を担ってきた。金正恩委員長の厚い信頼を得ていることで知られる。

2月から4月にかけ北朝鮮が危険行動に出る可能性

 それでは、そのような北朝鮮は、1月に発足するバイデン新政権と、どう向き合っていくのか?

「まずは、1月の第8回朝鮮労働党大会で、『並進政策』(核建設と経済建設)の方針を完全に復活させることを宣言。バイデン新政権を振り向かせるためにも、新たなICBM(大陸間弾道ミサイル)実験など、危険な手段に打って出るだろう。

 具体的には、2月から4月くらいが危険な時期だ。2月16日には『光明星節』(金正日総書記の誕生日)を、4月15日には『太陽節』(金日成主席の誕生日)を控えているため、『祝砲』と称して危険な行動に出やすい」

 バイデン新政権との交渉については、私はスティーブン・ビーガン国務副長官兼北朝鮮担当特別代表の去就に注目している。ビーガン副長官は、アメリカ高官の中で珍しく、北朝鮮側に信頼を置かれていたからだ。

 だがもしも、ビーガン副長官が退任し、バイデン新政権がバラク・オバマ政権の外交方針「戦略的忍耐」(北朝鮮無視)を貫くなら、北朝鮮の「暴発」が起こるだろう。いまの金正恩政権は、オバマ政権時より、はるかに経済的に追い詰められてきている。「窮鼠猫を噛む」ことになる可能性が大だ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「放射能五輪」叫んだ韓国、今や「東京五輪利用論」

[関連記事]

「バイデンと先に会うのは俺だ」日韓両首脳が火花

バイデン当選で得意の「反日」行き詰まる文在寅政権

金正恩朝鮮労働党委員長(写真:ロイター/アフロ)