PS5の新型コントローラーDualSenseには、PS4と比較してさまざまな新機能が追加されているが、実際にその新機能をどのようにゲームで活用していくのは、それぞれの作品次第だ。

 英語版PlayStation.Blogでは、2021年5月に発売を予定しているFPSDEATHLOOPDualSenseがどのように活用されているの紹介がされている。

 『DEATHLOOP』はBethesda Softworksが発売、DishonoredPreyArkane Studiosが開発している次世代機向けFPSだ。タイムループして同じ1日が繰り返している孤島を舞台に、暗殺者コルトがその時間のループを食い止めるために、ターゲットを暗殺をするのが目的のゲームとなる。
 プレイヤーは繰り返す1日を経験しながら、情報を収集し新たなルートを開拓しつつ、新しい武器やアビリティを入手していく。ゲームループを維持しようとする宿敵ジュリアナの視点からもプレイ可能で、意欲的な作風となっていそうだ。

 DualSenseには、触覚を再現するかのようなきめ細かい振動を表現する「ハプティックフィードバック」機能がある。本作はアクションステルスを重視しているゲームだが、たとえば雪原や砂利道などさまざまな地形が、DualSenseを通して触覚に訴えくる。本作はSF色が濃いストーリーだが、「テレポーテーション」の触覚で再現されているという。

 また本作にはさまざまなユニークな武器が登場するが、そのなかのひとつ「PT-6 Spiker」と呼ばれる殺傷用ネイルガン(釘打ち器)では、リロードするときに釘をマガジンにつめこむ。この釘を入れるときのきめ細かい振動もDualSenseで表現されているという。

(画像はImmerse yourself in Deathloop on PS5 with the DualSense controller – PlayStation.Blogより)
(画像はImmerse yourself in Deathloop on PS5 with the DualSense controller – PlayStation.Blogより)

 そして本作の特徴として、武器にそれぞれ品質が設定されており、たとば入手した銃が錆び付いていたりすると、その銃は弾詰まりを起こしてしまう可能性が高い。そのとき、ゲームでは弾が撃てないばかりか、プレイヤーに対してLRトリガーロックがかかり、現実にトリガーボタンを押し込めなくなる。
 DualSenseには、LRトリガーの抵抗が動的に変わる「アダプティブトリガー」機能が備わっており、この仕組みはその機能を活かしたものだ。

 『DEATHLOOP』は2021年5月に日本での発売も決定している。『Dishonoredシリーズユニークステルスゲームを開発したArkane StudiosがどのようにDualSenseを活用しているのか。注目作といえそうだ。

『DEATH LOOP』 公式サイトはこちら

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman