仕事が多忙で冠婚葬祭にも出られず、友達減った…

仕事が多忙で冠婚葬祭にも出られず、友達減った…

長時間の残業やパワハラセクハラにより精神的に追い詰められてしまう人があとを絶たない。キャリコネニュース読者からも「ひどい経験をした!」との声が多く届けられた。

IT関連企業に勤める30代男性は、「取締役の機嫌次第で反省文を書かされる」と嘆く。さらには「同じ事例でも反省文を書かされる場合と書かされない場合があり、基準が不明確。また反省文を書くことが目的なので内容はチェックされず、場合によっては同じ内容の反省文を手書きすることになる」と驚きのコメントを寄せた。(文:中島雄太)

休日にもトラブル対応「睡眠時間をまとめてとることができません」

地方で販売職に従事する20代の女性は、店舗責任者をしている。女性は「就業規則がどこに置いてあるか分からないので、何時からが残業になるのか分かりません」と困惑気味に語る。

本来、就業規則は労働者がいつでも閲覧できるようにすることが定められているはずだが、女性の職場ではそれらを確認する術がないようだ。さらに、月に3~4日程ある休みについても不満を漏らす。

「お店は年中無休なのでいつでも連絡が来ます。大抵トラブルがあれば電話で呼ばれるので、睡眠時間はまとめてとることが出来ません。2時間程度の睡眠を2回に分けてとる生活を送っています」

まともに休息をとることができないなか、「スタッフの急な欠勤が出た場合には、2人分のシフトに入ることもあります」と驚きの勤務状況を明かす。

月の出勤時間は300時間を超えているが、「勤怠は本部で訂正されているので、残業代は出ません」と不満を口にする。さらに仕事が多忙なため、「冠婚葬祭にも出られず、友人との付き合いも減ってしまった」と嘆く。

先輩社員が退職「3人分の業務を背負うことになりました」

事務職に従事する20代女性は、新卒で入社した会社がブラック企業だった。「教育制度はゼロでいきなり現場に放り込まれ働かされた」と語る。数人いた先輩社員も一年後にはほぼ全員退職したため、女性が3人分の業務を背負うこととなった。

「上司はそのことに興味がなかったのか、『引き継ぎしてないの?』と聞くだけで何もしてくれませんでした」

と不満を口にする。結局、女性は自ら、「資材購入先や取引先に電話をして購買や必要書類を教えてもらった」といい、「現場の職員の管理も含め、朝から晩まで働きました」と当時の苦労を振り返る。

その後女性は退職したが、「現場からボイコットが起こったり、商品の大規模な損害が出たりしたと連絡があった」という。

研究職に従事する20代女性は、「申請した残業代のうち、最初の30分は残業として認められないとして、支払われる残業代を減らされた」とコメントしている。さらに土日出勤の強要や、業務内容によっては無給で働かされることもあったという。

「上司が営業などで社内にいないときには、常時LINEでの報告を義務付けられていました。その上司は社員が目の前にいる、もしくは聞こえる範囲にいるうえでその社員の悪口を言うので空気が悪くなります」

ブラックな上司への不満も打ち明けている。

※キャリコネニュースでは引き続き
「ブラック企業経験談」「年末年始は義実家に帰省しますか?」に関するアンケートを募集しています。

ブラック企業で働く店長のリアル「月300時間労働でも残業代出ない」「休日もトラブル対応でまともに寝られません」