国会PVより

 政治と報道をめぐるこ短期集中連載。第1回~第3回の記事では、記者会見をめぐる論点を取り上げた。今回と次回は、政治をめぐって、報じるに値するものとは何か、という問題を考えたい。

◆「桜を見る会」取材記者の印象に残った官邸職員の一言
 この問題を考えるにあたっての格好の素材が「桜を見る会」だ。大手紙は毎年、「桜を見る会」を取材しており、有名人に囲まれた安倍晋三首相(当時)の写真や、安倍首相が詠んだ句などを紹介してきた。しかし、功績・功労のある方々をお招きする会であるという本来の趣旨から逸脱し、安倍首相らが後援会関係者を数多く招待する場となっていたことは、報じてこなかった。

 それを報じたのは、しんぶん赤旗」の日曜版2019年10月13日だった。その内容は同年11月8日参議院予算委員会における日本共産党・田村智子議員の質疑で取り上げられ、ツイッター上で話題となった。毎日新聞統合デジタル取材センターによる翌日のデジタル記事がネットでの反響を受ける形で質疑の内容を詳しく伝え、民放のワイドショーなどでもくり返し取り上げられていく展開となった。

【全文公開!】桜を見る会スクープ第一弾、安倍後援会御一行様をご招待、税金でおもてなし(2019年10月13日号スクープ)(しんぶん赤旗)

「「税金の私物化では」と批判あふれる「桜を見る会」 何が問題か 国会質疑で分かったこと」(毎日新聞2019年11月9日)

 しんぶん赤旗日曜版による一連の「桜を見る会」報道は、日本ジャーナリスト会議の2020年度JCJ大賞を受賞している。

 しんぶん赤旗日曜版毎日新聞桜を見る会」取材班は、その後も「桜を見る会」問題を追い、新たな事実を掘り起こしていった。その様子は下記に詳しい。

しんぶん赤旗日曜版編集部 『「桜を見る会」疑惑 赤旗スクープは、こうして生まれた!』新日本出版社、2020年

毎日新聞桜を見る会」取材班『汚れた桜――「桜を見る会」疑惑に迫った49日』(毎日新聞出版、2020年

 筆者も国会パブリックビューイングの企画として、しんぶん赤旗日曜版の山本豊彦編集長に、問題意識をもったきっかけや取材の過程について話を聞き、その対談映像を公開すると共に3回の連載で記事化した。
国会パブリックビューイング「「桜を見る会」質疑を支えたもの 山本豊彦(しんぶん赤旗日曜版編集長)・上西充子(国会パブリックビューイング代表)」(2020年1月7日) 

「田村智子議員「桜」質疑はどう組み立てられたか?ーーしんぶん赤旗日曜版・山本豊彦編集長との対談を振り返って(第1回)」(ハーバー・ビジネス・オンライン 2020年1月17日)

「『桜を見る会』の実態を知らなかったからこそ立ち上がった問題意識ーーしんぶん赤旗日曜版・山本豊彦編集長との対談を振り返って(第2回)」(ハーバー・ビジネス・オンライン 2020年1月18日)

「『桜』質疑をいち早く受け止めたのは、ツイッターとデジタル記事だったーーしんぶん赤旗日曜版・山本豊彦編集長との対談を振り返って(第3回)」(ハーバー・ビジネス・オンライン 2020年2月3日)

 この「桜を見る会」報道について、毎日新聞統合デジタル取材センターの古川宗記者が、先日、興味深い記事を発信した。みずからも政治部記者として「桜を見る会」を取材したことがある古川記者が、なぜ赤旗にはスクープができて、大手メディアにはできなかったのかを振り返った記事だ。

見る探る:赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた – (毎日新聞2020年11月21日)

 「この問題は、視点が大事なのです。政権を握っているから後援会員を呼んでも仕方ないとみるのか、これは政権による行政の私物化とみるのか。それによって、見える景色が180度違ってくる」というしんぶん赤旗日曜版・山本豊彦編集長の言葉も紹介されているが、筆者が目を留めたのは、古川記者の次の一文だ。みずからが「桜を見る会」を政治部記者として取材したときのことを思い起こして記されたものだ。

一点妙に印象に残っているのが、芸能人と記念撮影する安倍前首相を見ながら、官邸のある職員が「この行事も毎年やっているけど、目的がよく分からなくなっていますよね……」とぼやいていたことだ。

 古川記者は「問題意識を持てなかった」とこの記事に記しているが、上記の「ぼやき」が印象に残っているということは、そこに問題意識の端緒はあったということだ。しかし、その問題意識は掘り下げて記事化されるには至らなかった。

 古川記者は「桜を見る会」を「恒例行事」として取材してきたという。その古川記者に官邸職員が語った「目的がよく分からなくなっていますよね」という一言は、「桜を見る会」が本来の趣旨から逸脱してきていることを伝えるものだった。もしかしたらそれは、その官邸職員による、精一杯の「内部告発」の一言であったかもしれない。

◆「桜を見る会」端緒の違和感
 では、スクープを報じることができたしんぶん赤旗日曜版は、どのように問題意識を持てたのだろう。赤旗は記者クラブに所属していないため、「桜を見る会」の現地取材はおこなっていない。ホテルで行われた前夜祭もそうだ。

 それらの場で後援会関係者の歓待がおこなわれていたことを自民党幹部から聞いた山本編集長は「えっ? そんなことやっているんですか?」と驚いたという。しかしその自民党幹部は「そんなことは誰でも知っているよ」と言ったという(『赤旗スクープはこうして生まれた!』より)。

 部外者だからこそ、驚きをもって受け止め、これは「政権による行政の私物化」だと喝破することができた。それは確かにそうだ。しかし、では山本編集長がそもそも「桜を見る会」に関心を持ったきっかけは、何であったのか。

 筆者が1月6日に山本編集長にそのことを尋ねたところ、山本編集長が挙げたのは、2019年5月21日衆議院財務金融委員会における宮本徹議員の「桜を見る会」質疑に対する麻生太郎財務大臣の答弁ぶりだった。予算の計上額とも違うお金を増やし続け、招待状も増えているが、その資料も残っていないというのでは、そんな説明は国民に対して通るはずがないと麻生大臣に宮本議員が問うた場面だ。詳しくは前掲の対談振り返り記事の第2回を読んでいただきたいが、山本編集長はこう語っていた(以下のカッコ内は筆者が補った)。

この質疑をわたしも見てて、やっぱり非常におかしいなと思っていて、財務省っていうのは、予算は非常に厳しいんですよね。で、それが、この間、予算の3倍の支出をして、それを宮本議員に指摘されて、本来ならば財務省がそれはおかしいって言うべきなのを、(麻生大臣は)『いや、それは内閣府に聞いてくれ』と。で、(宮本徹議員が)『アンタッチャブルなんですか』っていう(ふうに問うた)。で、そこで(麻生大臣は)何も言わないと。で、やっぱりそこは、アンタッチャブルだったんですよね。だから、やっぱりそういうのを見て、『何かこれはあるな』と言って、まあ取材を始めようかなという気になったんですね」

 つまり、山本編集長が「桜を見る会」について問題意識をもった端緒は、麻生大臣の国会答弁に抱いた違和感にあった。そして、そこで山本編集長が違和感を感じ取ることができたのは、「財務省は予算に非常に厳しいはずなのに」という、それまで山本編集長が見てきた姿とは異なるものをそこに見て取ったからだった。

 部外者だから問題意識が持てるとは限らない。山本編集長は、「桜を見る会」や「前夜祭」の場に対しては部外者であっても、国会審議は見続けてきた方だ。だからこそ、そこに現れた「異なるもの」に目を留めることができたのだと言えよう。そして、その問題意識が、同年9月からの本格調査とスクープ報道につながっていった。

◆「岩盤規制に穴をあけるには」
 山本編集長が麻生大臣の答弁ぶりを見て抱いた違和感は、筆者がもし同じ場面を見ていても、持てなかっただろう。他方で、筆者だからこそ国会質疑を見ていて「異なるもの」に気づいた場面がある。2018年1月29日衆議院予算委員会における、働き方改革をめぐる立憲民主党長妻昭議員と安倍首相のやりとりだ。

 筆者はこの質疑を衆議院インターネット審議中継リアルタイム視聴をしながら、ツイッターで実況していた。その中で、大きく注目した安倍首相の答弁があった。

 長妻議員が、「労働法制を岩盤規制とみなして、ドリルで穴をあける、そういう考え方は改めていただきたい。労働法制は、規制を強めるべきところは強めることで、ゆとりのある働き方が生まれ、結果として労働生産性も上がっていく」という趣旨の問いかけをおこなったのに対するものだ。

安倍首相その、岩盤規制に穴をあけるにはですね、やはり内閣総理大臣が先頭に立たなければ、穴はあかないわけでありますから、その考え方を変えるつもりはありません。
 それとですね、厚生労働省の調査によれば、裁量労働制で働く方の労働時間の長さは、平均な、平均的な方で比べれば、一般労働者よりも短いというデータもあるということは、ご紹介させていただきたいと思います。

 インターネット審議中継では5:19:03より、国会会議録では130以降、国会パブリックビューイングが制作した番組「第1話 働き方改革―高プロ危険編」では6:20からがその部分だ(ただし、国会パブリックビューイングの映像は、安倍首相答弁の前半部分まで)。
 この安倍首相の答弁は、どちらも違和感を抱かせるものだった。このうち後者については、これが調査データを不適切に比較したものであることを筆者が元の報告書を確認して一連のWEB記事で指摘し、長妻昭議員らが国会で追及を深めたことによって安倍首相2月14日になって答弁を撤回するに至り、大きく注目される事態となった。

●(時時刻刻)首相、異例の答弁撤回 裁量労働制、野党批判受け 労働時間データ「比較できない」:朝日新聞デジタル2018年2月15日

 その後、比較が不適切であるだけでなく元の調査データにも異常値が多数見つかる事態となり、裁量労働制とはどういう働き方であるかの紹介と共に民放テレビの朝の時間帯でもそのデータ問題が取り上げられていき、2月28日深夜に安倍首相は働き方改革関連法案から裁量労働制の対象拡大を削除するに至る。

◆答弁撤回/法案一部削除だけじゃなかった「注目すべき点」
 答弁の撤回も法案の一部削除も、異例の事態だったが、その端緒となったのは、「こんなデータがあるのだろうか?」という違和感だった。そしてその違和感は、裁量労働制の方が労働時間が長い傾向にあるという調査結果を筆者が事前に把握していたために抱けた違和感だった。同日に筆者は“安倍首相が、平均で見ると裁量労働制の労働者の方が一般の労働者より労働時間が短いというデータもあると語ったのは何の調査なんだろう。長妻議員が語ったJILPTの調査では、平均でも裁量労働制の方が長い。下記で、専門業務は203.8時間、企画業務は194.4時間、通常は186.7時間“とツイートしている。

 と同時に筆者は、「岩盤規制に穴をあけるにはですね、やはり内閣総理大臣が先頭に立たなければ、穴はあかないわけでありますから、その考え方を変えるつもりはありません」という安倍首相の答弁にも大きく注目していた。なぜなら、働き方改革を安倍政権は働く人のためのものだと標榜しており、その建前の裏にある本音がここに垣間見えたと感じたからだ。

 しかしこ安倍首相の答弁が朝日新聞毎日新聞に取り上げられることは、なかった。私はそのことが、残念でならない。

安倍首相の答弁を手がかりに報じることが可能だったはずのこと
 12月2日に発売される予定の『日本を壊した安倍政権』(ハーバービジネスオンライン編・田中信一郎ほか著・扶桑社)に収録された筆者の原稿、「誰のための働き方改革か―高度プロフェッショナル制度は、なぜ注目を集めずに成立したのか―」に詳しく書いたことだが、安倍政権は、「働く人のための働き方改革」というイメージをあらかじめ定着させたうえで、一括法案の中に労働時間規制の緩和策である裁量労働制の拡大と高度プロフェッショナル制度の創設を盛り込んだ。それは、周到に用意された作戦だったと言える。

 2015年の労働基準法改正案は「残業代ゼロ法案」としてメディアで取り上げられ、世論の反対も強かったことから、国会には提出されたものの審議されずに継続審議扱いとなっていた。その「残業代ゼロ法案」に、罰則つきの時間外労働の上限規制という労働者側が求めていた法改正を抱き合わせにして、「働き方改革」という見栄えのよいパッケージに仕立てて法改正を目指したのが、2018年の通常国会だった。そして、裁量労働制の拡大は上記の経緯から削除に至ったものの、高度プロフェッショナル制度は法改正により制度創設に至った。

 裁量労働制をめぐっては安倍首相の答弁撤回を契機に多くのメディアが取り上げたことによって世間に知られることとなったが、高度プロフェッショナル制度が「働き方改革」によって導入されることは、野党や労働団体や「過労死を考える家族の会」の方々や様々な市民団体の行動にも関わらず、広く知られることはなかった。

 朝日新聞毎日新聞は、高度プロフェッショナル制度をめぐって日々、国会で繰り広げられる質疑の論点を詳しく取り上げてはいたが、そもそも何が問題となっているのかを広く世の中に知らせる姿勢は乏しかったと筆者は感じている。

 NHKニュースで高度プロフェッショナル制度を「時間ではなく成果で評価するとして労働時間の規制をはずす高度プロフェッショナル制度」と、繰り返し報じていた。労働法を知らない人がこのフレーズを耳にすれば、「労働者がより柔軟に働けるようになる制度」だと思うだろう。そのような誤認を誘うための「働き方改革」という名づけであり、「時間ではなく成果で評価するとして労働時間の規制をはずす高度プロフェッショナル制度」というフレーズだった。

 だからこそ、「岩盤規制に穴をあけるにはですね、やはり内閣総理大臣が先頭に立たなければ、穴はあかないわけでありますから、その考え方を変えるつもりはありません」という安倍首相の答弁は、大きく取り上げて報じられてしかるべきだった。

 なぜ労働法制を安倍首相は「岩盤規制」と呼んだのか、なぜ安倍首相は先頭に立ってその労働法制に穴をあけようとしているのか。それを説明する中で、労働法とはそもそも、劣悪な労働条件のもとで働かせる使用者に規制をかける目的で歴史的に制定されてきたものであること、労働時間の規制をはずすとは使用者が規制に縛られなくなるという意味であり労働者が規制から自由になるという意味ではないこと、労働者はむしろ、みずからが労働法によって手にしている権利を失うことになること、だからこそ、その規制の緩和・撤廃を経済界が強く望んでいること――そういった大きな構造的な理解を、世の中に広く与えることができたはずだ。

 そういう基本的な解説記事を伴ったうえで法改正の動きを伝えれば、世論の関心も警戒心もより高まっただろう。しかし、既にこの問題に注目している人の外側に向けて関心を促すような記事は乏しかった。NHKが「クローズアップ現代+」の特集で高度プロフェッショナル制度を取り上げたのも、衆議院厚生労働委員会で法案の採決がおこなわれたあとの5月30日になってからのことだ。

 前掲の国会パブリックビューイングの映像で確認していただきたいが、「岩盤規制に穴をあけるにはですね、やはり内閣総理大臣が先頭に立たなければ、穴はあかないわけでありますから、その考え方を変えるつもりはありません」と安倍首相が長妻議員に答弁した際、安倍首相は答弁書に目を落とさずに長妻議員に向き合って自分の言葉で語っている。考えを改めていただきたいと言われて、隠しておくべき本音をつい語ってしまったと思われる場面だ。続いて調査結果を紹介する場面では、答弁書に目を落としている。

 その様子からも、ここが注目に値する場面であることは、見ていた記者は気づけるはずだった。労働法制をめぐるそれまでの与野党の攻防や、「世界で一番企業が活躍しやすい国を目指します」と企業寄りの姿勢を安倍首相がかつては明確に語っていたことを知っているなら、なおさら注目に値する答弁だった。しかし、報じられなかった。

 当時、筆者は安倍首相の答弁撤回で急に取材が押し寄せるようになり、その後の国会審議にも継続的にコミットしていったため、この1月29日安倍首相答弁のうち、岩盤規制をめぐる答弁については、深く掘り下げることも、広く知らせることも、できなかった。労働時間の規制をはずすとはどういう意味かを丁寧に解説するWEB記事は下記のように執筆して公開したが、新聞記事に比べて届く範囲はおのずと限られていただろう。

「高度プロフェッショナル制度「きほんのき」(1):「労働時間の規制を外す」→でも労働者は時間で縛れる」(Y!ニュース 2018年6月1日)

 安倍首相の答弁撤回時の筆者のツイッターのフォロワー数は4000程度で、答弁撤回後によって注目が集まり、フォロワー数は短期のうちに数倍に跳ね上がっていったが、「岩盤規制」をめぐる安倍首相の答弁に注目した上記の筆者のツイートリツイートは15件、引用リツイートが2件、「いいね」が6件(2020年11月23日現在)という件数が示すように、筆者が注目したことによって報道機関が注目する、という状況でもなかった。

◆取り上げるべき話題の取捨選択
 「岩盤規制」をめぐるこ安倍首相の答弁に、記者はそもそも注目しなかったのか、それとも、注目はしたが取り上げるほどの意味はないと考えたのか、そこは分からない。

 しんぶん赤旗の「桜を見る会」スクープを振り返った前述の毎日新聞の記事には、しんぶん赤旗日曜版の山本編集長のこういう興味深い声が紹介されている。

「そもそも赤旗のスクープは大手メディアも追っかけないケースが多いです。今でこそ『(週刊)文春によると』という引用はありますが、『赤旗によると』は書きづらい。だから、他のメディアの方からは、『国会で(赤旗のスクープ記事を共産議員が)取り上げてください』と言われます。国会でやれば書けるということらしいです」“

 他紙の後追い取材はやりいくい、国会でやれば書ける、と。しかし、安倍首相の発言は国会の、それも衆議院予算委員会での、答弁だった。なのに、取り上げられなかった。「桜を見る会」に関する田村智子議員の質疑も、翌朝の新聞の政治面では簡略に紹介されたのみで、ツイッターで話題になったことから毎日新聞統合デジタル取材センターが注目して国会審議を詳しく紹介したことを起点として、その後、大手紙の後追い報道が展開されることとなった。

 そういう経緯を見ると、記者が現場で違和感を持てること、その違和感を深堀りできること、それを記事で大きく取り上げることができること、そのための条件はどこにあるだろうかという問いは、まだ続くのだ。

<文/上西充子>

【上西充子】
Twitter ID:@mu0283
うえにしみつこ法政大学キャリアデザイン学部教授。共著に『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』(旬報社)など。働き方改革関連法案について活発な発言を行い、「国会パブリックビューイング」代表として、国会審議を可視化する活動を行っている。『緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説 「安倍政権が不信任に足る7つの理由」』の解説、脚注を執筆。単著『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)、『国会をみよう 国会パブリックビューイングの試み』集英社クリエイティブ)ともに好評発売中。

国会PVより