2020年11月25日、かねてよりツイッターで植物や種子の名前や豆知識などを教える活動を行っていた「やけに植物に詳しい悟空」さんが、初の著書出版を機に「中の人」の存在を明かした。

「中の人は樹木医だったとは」驚くフォロワー多数

「やけに植物に詳しい悟空(@kusaiyajingoku)」さんとは、「オッス、オラ悟空!わかんねぇ木や草があったら、#オラ草が知りてぇ をつけて聞いてくれ!オラたちや地球のみんなが答えてくれるはずだ!」として活動するツイッターアカウント

名称不明の植物の写真を送ると、アニメ・漫画『ドラゴンボール』の主人公孫悟空を模した口調で植物の名前や植物にちなんだ雑学を教えてくれるため、多くの人が頼りにしていた。

そんな「やけに植物に詳しい悟空」さんは25日20時21分に突如「こいつはオラだ!私事だけど、本を出すことになった...!詳細は元ツイートを参考にしてくれ!よろしくな!」とリンク付きツイートを投稿。

リンク先は「瀬尾一樹(@kusanonamaesay)」という樹木医・インタープリターのツイートであり、「大和書房から僕の書いた本が出版されます!植物初心者向けに、都会で見られる植物の紹介と、観察に役立つコラムを詰め込みました!どんなコンクリートジャングルでも植物が観察できる本にしてあります。12月17日発売予定で、アマゾン予約受付中です!よろしくお願いします!」として書籍の刊行をお知らせしている。

これまで「やけに植物に詳しい悟空」さんはプライベートな情報を明かしておらず、突然の「中の人」カミングアウトとなったことから、ネット上では驚く人が続出。「『こいつはオラだ』で爆笑してしまった」「『こいつはオラだ』って自己紹介する人生ってまぁないよね」「ド直球すぎて爆笑した」など、多くの人が驚愕しつつも"悟空"らしいそのカミングアウトを楽しんでいる様子だ。

中の人は樹木医だったとは、知識の豊富さに納得」「画像だけで同定ができるから研究職なのかと思ってたら樹木医か。超狭き門じゃん」とする声も多い。

「ベジータ」や「フリーザ」たちも応援

また、「やけに植物に詳しい悟空」さんにも分からない植物があったときなどに出てくる"戦友"たちからも書籍化をお祝いするメッセージが届いている。

「悟空のおこぼれを拾うベジータ(@gokuunookobore)」は「フン、くだらん...... いくら腐れ縁のきさまだからといって絶対に宣伝したりポチったりなんていうことはしないぞ......ところでどこで手に入るんだこれは!?」とベジータらしい口調で祝福。

「妙に洋蘭に詳しいフリーザ(@WardiancaseF)」は同書のアマゾン注文受付画面のスクリーンショットに「おやおや、こんな本まで書いて......ふん、サイヤ人の猿が書くようなもの、程度が知れますね。読むまでもな......なに、私のスカウターの画面が共有状態になっているですって......?ほ、ほーっほっほっほ!!今日はこのあたりにしてあげましょう!ほーっほっほっほ!」との文章をつけてリプライしている。

「無駄にキノコに詳しいヤムチャ(@FungusYamcha)」は「マジかよ......こいつはめでたいな!身近な植物に目を当てた悟空らしい良い本だぜ......発売日が待ち遠しいぞ......っっ!!!」というツイートに続ける形で「お祝いに花みたいなキノコを置いとくぜ......」としてまるでバラの花のようなヒダのあるキノコの写真を添付したツイートを行った。

 

「悟空さんのリプ欄がなぜかDBオールスターズ(植物に詳しい)大集合になってて面白ほっこり...」「悟空ツイのリプ欄が仲間達と徹底されてるの凄いw」「リプ欄にここぞとばかりに植物関連のドラゴンボールキャラ垢が続々と集まるの最高にTwitterって感じがして大好き」など、お祭りさわぎを楽しむ人が多いようだ。

こちらが刊行されることになった著書(Amazonより)