日本人の食卓になくてはならない「コメ」。日本のコメのおいしさは海外でも知られており、中国ではかなりの高額で販売されているほどだ。中国メディアの今日頭条は21日、「日本のコメはどうしてこんなにおいしいのか」と問いかけている。

 記事は、日本人にとっていかにコメが重要かを紹介。日本人の実際の食卓は意外と質素だとし、おかずは魚が多く、豪華でも天ぷらがある程度で、漬物、みそ汁くらいだが、それは「白米が一番のメインディッシュ」だからだと主張した。

 日本人の食卓が質素かどうかはともかく、日本人がコメのおいしさにこだわるのは事実だろう。記事は、日本の炊き立てのご飯のおいしさは格別で、生たまごをかきまぜただけでも、バターを乗せただけでも非常においしいと紹介している。

 また、日本人のコメに対するこだわりは、日本穀物検定協会が毎年発表している「米の食味ランキング」からも分かるという。これは、複数産地のコシヒカリブレンド米を基準に、外観、香り、味、粘り、硬さから総合的にランク付けしたものだ。各産地は最高位の「特A」ランクを目指し、よりおいしい米作りに励んでいる。

 しかし、日本のコメがそれほどおいしいということを知らない中国人も少なくないようだ。記事に対し、「中国の米が世界一おいしい」と反論するコメントも見られた。これに対して「日本の米は本当においしい。中国のほうがおいしいという人は、日本の米を食べたことがないか、本当においしい日本の米を食べたことがないだけだ」という人もいたが、確かに日本のコメのおいしさは格別だ。日本のコメを一度でも体験すれば、その美味しさを忘れられなくなるに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

中国と同じ「コメ」なのに! なぜ日本産はこんなに美味しいのか=中国