マイボイスコム(MyVoice)は、「除菌・消毒」に関するインターネット調査を11月1~5日に実施した。調査では、1万225件の回答を集めた。

画像付きの記事はこちら



 自宅内の除菌・消毒を気にする人は、「気にする」「やや気にする」を合わせて46.9%。気にしない人は、「気にしない」「あまり気にしない」を合わせて34.2%、男性10・20代で5割強となっている。

 自宅内で除菌・消毒をしている場所・物を直近1年について聞いたところ(複数回答)、「トイレ」が56.4%、「まな板スポンジ、ふきんなど」が47.9%、「キッチンのシンク排水溝」が35.8%という。「おもちゃぬいぐるみなど」「収納」「カーテンやソファ、家具などのインテリア」「壁、床」などは1割未満。キッチン周りや「トイレ」が女性、「スマートフォン携帯電話」が女性の若年層で高いとのことだ。

 直近1年間に自宅内の除菌・消毒をしている人の、除菌対策実施理由(複数回答)は、「家族や自分の健康のため」が54.0%、「新型コロナウイルス予防・対策」が46.2%、「食中毒やノロウイルス対策」「カビ対策」「インフルエンザなどウイルス性疾患予防・対策(新型コロナウイルス以外)」が各30%台。「清潔でないと気になる」が女性10・20代、「乳幼児や高齢者などがいる」が30代で比率が高くなっているという。

MyVoiceの「除菌・消毒」に関する調査