アニメ映画鬼滅の刃無限列車編は、歴代日本映画の興行収入1位の『千と千尋の神隠し』を超える勢い。


鬼滅の刃まだ見てないの?」など作品を押し付ける行為を指す“キメハラ鬼滅の刃ハラスメント)”という言葉が誕生したり、「鬼滅の禰豆子がくわえている」という理由で竹筒入りのプリンが急激に売れ始めるなど、社会現象になっています。



 今ノリにノっている作品なだけに、“実写化されるのでは?”と連日ネット上では実写化キャスト予想合戦が繰り広げられている一方で、“実写化は嫌!”と訴えるファンが多いのも事実。


 たしかに『約束のネバーランド』『映像研には手を出すな!』『耳をすませば』など、ここ数年、人気アニメの実写映像化が相次いでいます。アニメ作品が人気が上昇すると、実写化が期待されてキャスト予想合戦が行われる一方、「絶対に実写化してほしくない!」という声もよく見かけますね。


実写化してほしくないアニメは?
 そこで女子SPA!では、30歳から49歳までの女性200人を対象に、名作アニメのうち「実写ドラマ・映画化はしないでほしい」「絶対にやめて!」という作品を聞いてみました(※)。


========
Q.実写化してほしくないアニメは?
(30歳から49歳までの女性200人、複数回答)


同率20位 HUNTER×HUNTER 9%
同率20位 黒子のバスケ 9%
同率18位 NARUTO -ナルト- 9.5%
同率18位 おそ松さん 9.5%
17位 コードギアス反逆のルルーシュ 10.5%
16位 夏目友人帳 11.5%
15位 犬夜叉 12%
14位 SLAM DUNK 14%
13位 幽☆遊☆白書 15%
12位 カードキャプターさくら 16%
11位 うる星やつら 17%
========



劇場版 黒子のバスケ LAST GAME 特装限定版」バンダイビジュアル



 20位には『黒子のバスケ』がランクイン。2009年から2014年まで週刊少年ジャンプ集英社)で連載され、2012年から2015年にかけてアニメが放送されました。『黒子のバスケ」は高校のバスケ部を舞台に、天才バスケ少年たちが様々な必殺技や特殊能力を活かして日本一を目指す、“少年ジャンプ”らしさ満載の青春物語。チームメイトライバルたちとの熱い関係性も人気で、男性人気が高いと思いきや、女性からの支持も高いのです。


 2015年には、かの名門校・灘高校の現役生たちがアニメオープニング実写化した映像が公開され、「偏差値の無駄遣いwwwww」とも話題になりました。また舞台化もされ、2019年春に完結しています。


 個人の範囲での実写化2.5次元を楽しむのはよくても、ドラマ・映画としての実写化となると抵抗を感じる人もいるのかもしれませんね。



SLAM DUNK DVDコレクション VOL.1」TOEI COMPANY,LTD.



スポーツ漫画の金字塔が14位に
 14位には『黒子のバスケ』に続き、同じく週刊少年ジャンプで絶大的な人気を誇った『SLAM DUNK』がランクイン。1990年から1996年にかけて連載され、1993年から1996年アニメ版が放送されていました。


 スポーツ漫画の金字塔とも言われている本作は、「あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?」「まだあわてるような時間じゃない」といった数々の名言を残したことは言わずもがな


 連載が終了してから何十年も経つにもかかわらず、定期的に「実写化するなら誰?」といった配役予想合戦が行われています。実写化を期待する声もある一方で、伝説化している漫画だからこそ実写化を拒むファンも多い様子。



劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカードバンダイビジュアル



ファンタジックな作品もランクイン
 12位には『カードキャプターさくら』がランクイン。少女漫画雑誌なかよし1996年から2000年まで連載され、1998年から2000年にかけてアニメ版が放送された作品です。小学生から大人まで幅広い人気を博し、様々なグッズも誕生しています。


カードキャプターさくら』は、父親の書庫から放たれてしまった、この世に災いをもたらす「クロウカード」を、小学4年生の主人公・桜が「カードキャプター」として取り返すために奮闘する物語。


 物語の中心キャラクターたちの設定年齢が小学4年生と幼いため、実写化するにあたり、作品の世界観を保てる同年代の子役を配役するのが難しそうですよね。また、CGでしか再現できない“ケロちゃん”ことケルベロスという可愛いキャラクターも登場するため、こういったファンタジックな作品はアニメで留まってほしいと思うのがファンの心境なのかもしれません。


 続いては10位~4位の発表です。


クレヨンしんちゃんジブリ作品多数がランクイン
========
10位 クレヨンしんちゃん 19%
9位 崖の上のポニョ 21.5%
8位 もののけ姫 24%
同率6位 天空の城ラピュタ 25%
同率6位 風の谷のナウシカ 25%
5位 千と千尋の神隠し 25.5%
4位 新世紀エヴァンゲリオン 27%
========



「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦バンダイビジュアル



 10位には、世代を超えて愛される国民的アニメクレヨンしんちゃん』がランクイン。実写化困難なほど個性的すぎるキャラクターが登場するだけに、実写化へのハードルはかなり高いのかもしれません。


 2009年には『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督のもと、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を原案とした映画『BALLAD 名もなき恋のうた』が公開。主演は草彅剛新垣結衣が務めました。この作品では、しんちゃんキャラクター幼稚園児ではなく小学生の設定に変えられているなど、あくまでも原案としての実写化に留まっています。



天空の城ラピュタウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社



 6位には『天空の城ラピュタ』がランクイン。スタジオジブリが初めて作った長編アニメ作品で、宮崎駿監督が小学校の頃に考えた物語が骨格になっているというから驚き。


 本作は見習い機械工の主人公・パズーと、空から降ってきたヒロインシータが、天空に浮かぶ伝説の島「ラピュタ」を巡って冒険する、ファンタジー映画の最高峰。テレビで映画が放送されるたびに「バルス」がSNSでトレンド入りするなど、公開から30年以上経った今でも不動の人気を誇っています。


◆4位『新世紀エヴァンゲリオン』新劇場版、来年1月いよいよ完結



NEON GENESIS EVANGELION  DVD  01 TEST-TYPEキングレコード



 4位には『新世紀エヴァンゲリオン』がランクイン。1995年から1996年までアニメ版が放送、そしてその後劇場版が度々公開されてきた大人気シリーズ2021年1月23日に公開を控えている最新作『新・エヴァンゲリオン劇場版」で完結を迎えます。


 本作は大災害が起きた世界を舞台に、人間が作った巨大な汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いた物語です。


 2003年カンヌ国際映画祭では、海外製作陣により実写映画化がされることが発表されましたが、企画は頓挫(とんざ)したと報じられており、実現に至っていません。実写化ニュースが発表された際には批判が殺到したそうで、仮に実現しても様々な議論を呼びそうです。


 続いては上位の発表です。


◆3位 ONE PIECE 29%



ONE PIECE Eternal LogEAST BLUE”」エイベックス・ピクチャーズ



 3位には「ONE PIECE」がランクイン。「海賊王に、俺はなる!」の名言でおなじみモンキー・D・ルフィーを主人公に、仲間たちと“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を目指す冒険物語です。


 1997年から週刊少年ジャンプで連載中の本作。現在までに96巻が発売し、累計発行部数は4億7000万部を突破(4月3日時点)している、大人気という言葉では収まらない作品。2015年には「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定されている世界規模の漫画です。


 3位にランキングしている本作ですが、実は現在Netflixが実写ドラマを製作中。脚本は、『ONE PIECE』の大ファンであり、マーベル原作のNetflix作品をいくつも手掛けるマット・オーウェンス氏が担当。作者・尾田栄一郎先生にも彼の熱意が伝わり、尾田先生も「今は100%、あなたを信頼しています」と全幅の信頼を寄せているそう。


 とはいえ、ゴムゴムの実で伸びるルフィーの腕はどう描かれるのか、など不安要素は満載。実写化の詳細はまだ発表されておらず、信じて待つしかありません。


◆2位 となりのトトロ 30%



となりのトトロ



 2位にはジブリの傑作『となりのトトロ』がランクイン。昭和時代の自然あふれる田舎を舞台に、しっかり者の姉・さつきと、お転婆な妹・メイが、森に暮らす不思議生き物トトロたちと交流をする物語です。


 今年8月にテレビで放送された際には、17回目の放送にもかかわらず16.5%を記録するなど、1988年に劇場公開されてから今に至るまで根強い人気を保っていることを証拠づけました。


 トトロやネコバスなど、たくさんの不思議生き物が登場するだけに、実写化へのハードルは高そうなイメージですよね。しかし一部ネットでは“可愛らしいトトロ存在感をCGで再現してほしい”という声も見受けられました。過去にはピクサーが“トトロリメイクを作る”というエイプリルフールを発表したこともあるなど、世界からも人気の高い作品なだけに、実写化の話が出た際には議論を呼び起こしそうです。


◆1位 鬼滅の刃 43%



 1位には、劇場版鬼滅の刃 無限列車編』が公開24日目にして興行収入200億円を突破するなど、勢いが止まらない『鬼滅の刃』がランクインしました。


 実写化に反対する理由としてネットで議論されているのが、キャラクターたちの年齢。炭治郎は鬼殺隊入隊時で15歳、妹の禰豆子14歳と幼く、「作品のイメージに実力・外見ともに納得のいくキャスティングができないのでは」と心配する声が上がっているようです。実写化されるのであれば、ファンを失望させない完成度に仕上げてほしいですね。



 ちなみに、次点の22位(8.5%)は同率で3作品、現在劇場版が公開中の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』、『化物語シリーズ、『魔法少女まどか☆マギカ』でした。


 以上、「実写化してほしくない」アニメランキングをご紹介しました。いずれも原作の世界観やキャラクターの個性が際立っている作品が多く、実写化により作品の雰囲気を崩してほしくないというのがファンの本音なのかもしれません。もちろん、原作の世界観を忠実に再現してくれている実写映像作品もたくさん誕生してきただけに、今後の実写化ニュース注目です!


※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラスモニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
選択肢を提示し、複数回答)
調査期間:2020年11月17日
有効回答者数:30才から49才 女性200名


<文/るしやま>