代替テキスト
大統領選を翌年に控えたアイオワで演説、厚底のコンバースにスキニーで軽やかさを(写真:アフロ

女性参政権の獲得から100年となる記念すべき年に、カマラ・ハリス上院議員(56)がアメリカ史上初の女性副大統領となることが確実となった。黒人初、アジア系初と初ずくめでもあり、勝利演説の内容は多くの人たちに夢と希望を与えた。

そんな注目の的のカマラ氏だが、大統領選キャンペーン中のファッションも話題に。海外セレブウオッチャーのさかいもゆるさんは「フォーマルなときもカジュアルな時も、全体的に女性らしさを演出するのが上手だと思います」とカマラスタイルについて説明する。

スーツのときは、インナーにボウタイのブラウスや少しデコルテが見えるもの。それにピンヒールを合わせたり、ヘアスタイルも毛先だけ巻いたりと、フェミニンさを意識し、キリッと凛としている中にも、少し優しさがあるようなバランスのよさを感じました」

遊説先ではスキニージーンズとコンバースカジュアルファッションが基本スタイルカマラ氏のコンバースチャックテイラー愛”は知られるところだ。パンツスーツにもチャックテイラーを合わせるときがあり、女性政治家ドレスコードに新風を吹き込んだ。

パンツスーツチャックテイラーを履いていることが画期的というか、それがかっこいいとSNSでもとても反響がありました。ハイヒールではなくスニーカーで戦うことに意味があると」

そして夫の弁護士であるダグラス・エムホフ氏は、所属法律事務所を退職し、今後はカマラ氏をサポートする予定だ。

「副大統領夫人はセカンドレディーと呼ばれますが、ダグラス氏はアメリカ史上初のセカンドジェントルマンになります。カマラ大統領の誕生はこうした新しい価値観を生みだしていき、世の中の流れを変えていくような気がします」

この時代に生まれるべくして生まれたカマラ次期副大統領カマラスタイルからますます目が離せない。

「女性自身」2020年12月1日・8日合併号 掲載