cover_e6


 2020年は何が起こってもおかしくない年だと言われるようになったが、このほどカナダトロントのダウンタウン地域で、陥没した道路穴から鮮やかな蛍光緑色の液体が姿を現し、人々を驚かせた。結構濃いめのバスクリンのようだ。

 いったい何が起こったのか?この派手な緑色の液体をSNSで見た海外ユーザーからは「忍者タートル襲来か!?」という声が寄せられたようだ。『IFL Science』などが伝えた。

―あわせて読みたい―

川の水が突然バスクリンのような蛍光緑色に染まるという異常現象が発生(カナダ)
スウェーデンで突如開いた巨大な陥没穴
河川が赤や緑に染まる時、フルオレセインを使った河川調査
底知れぬ恐怖を感じる、地面に開いた陥没穴の画像特集(35枚)
川まるごとバスクリン。シカゴ川が緑色に染まるまでのタイムラプス動画+写真

道路の陥没穴の水が蛍光緑色に

 11月21日カナダトロントのダウンタウン地域の道路が陥没し、内部が蛍光緑色になるという事態が発生した。


 この画像がTwitterをはじめSNSシェアされると、ユーザーらからは「忍者タートル襲来」「クールだ」「ついにこの時が来た」などと言う声が寄せられ、ざわついた。


 どうやら陥没穴が生じたのは、トロントのヘイスティングスアベニューという場所で、この緑色の液体の正体は、トロント水道局の検査によるもののようだ。

 水道局のスポークスマンは、次のように述べている。

下水道の損傷もしくは崩壊の結果、陥没穴ができた可能性があり、その陥没穴が下水道に接続されているかどうかを確認するために、無毒の緑色の染料を使用して検査を実施し、下水道の染料の痕跡を探すために下流に最も近いマンホールを監視しています。

下水道で監視カメラを使用して問題の原因を特定し、陥没穴の原因が確認されたら修理を開始する予定です。


10年前にも川がバスクリン状態に


 実はカナダでは、10年前にもビクトリア州にある州立公園を流れる川の水や噴水が、突然バスクリンのような蛍光緑色に染まるという異常現象が発生している。

 当時の緑色の水の原因は、顕微鏡観察に用いられる蛍光色素の一種で無毒性の「フルオレセイン」が川に入れられた為だと環境省が発表していた。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52296862.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

米陸軍、従来より40%も軽い携帯用戦闘糧食を開発中。近接戦闘時に使用
なんて日だ!車に乗っていて最悪だった出来事をネットユーザーがシェア
まさかそれが落ちてくるとは!頭上からコンクリートが落下、車の雪かきをしていた男性の危機一髪
本人にしか聞こえない「耳鳴り」の音を客観的に測定する方法が開発される
科学的に算出した史上最も怖い映画トップ10(英調査)

―画像の紹介記事―

フクロウの子が動かない!助けなきゃと思って近づいたところ、キノコだった件
子育てスキル高し!ゲイのペンギンカップル、2度目の卵の孵化に成功(オーストラリア)
何このモノリス。砂漠に謎の金属製の柱が発見される(アメリカ・ユタ州)
散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)
ツリーを飾って一週間…愛猫がついにツリーに侵入したようだ。ツリーと一体化した猫への海外の反応
陥没した道路の穴からバスクリンのような緑色の液体が!これっていったい何?(カナダ)