iStock-533859104

●/iStock

 古代の遺物を手にしたことで呪われるというケースは良く耳にする。実際に呪いがあるのかどうかはわからないが、所有したものが不幸な目にあっているのは確かだ。

 そのひとつに、古代ローマで使われた武器、バリスタ(投石器)の石がある。今年、15年前に盗まれたバリスタの石がイスラエルに戻って来たというニュースが飛び込んできた。

―あわせて読みたい―

呪いをもたらしたと言われている盗まれた10の遺物
呪いの歴史は人類の歴史。紀元前から中世にかけて行われたとされる10の呪い
現代にも通じるのか? 古代ローマで使用していた呪いの石板、7つの呪い
古代遺跡で発見された1500年前の鉛板。そこに刻まれていたのはライバルのダンサーへの呪いだった(イスラエル)
遺物の呪い。ポンペイ遺跡から盗んだ出土品を返還した女性、15年間呪いに苦しむ

少年が盗んだ古代ローマのバリスタの石

 2020年3月、盗まれたバリスタ(投石器)の石がイスラエル考古学庁に返還されたと報道された。モシェ・マニーズと名乗る仲介者を通じて、匿名の人物から返還された。マニーズによれば、2005年にまだ10代だったこの人物が石を盗んだという。

 当時、少年は友人と一緒にイスラエル、ダビデの町国立公園の城壁群を見てまわっていて、そこに置かれていたバリスタ石を勝手に持ち帰ったという。

 これは、第一次ユダヤ戦争として知られている紀元70年のエルサレム攻囲戦で、ローマ軍がエルサレム市街や神殿などを破壊するのに使ったものとされている。

1_e18


15年後に返還


 この15年で、少年は大人になり、結婚して家庭ももった。だが、古代遺物を盗んだ過去が彼の心に重くのしかかっていた。まるで、自分に"呪い"がかけられたような気がしたという。

 ある日、過越しの祭りのために掃除をしていたとき、盗んだ石を見つけた。折しも、世界的にコロナが蔓延していて、男性はこの世の終わりを強く意識した。その結果、罪を悔い改めたいと、石を返すことに決めたという。

 マニーズがこの話をFacebookに投稿すると、フォロワーのひとりがイスラエル考古学庁の盗難防止ユニットの調査員、ウジ・ロトスタインにタグづけした。

 ロトスタインは、仲介者のマニーズから石を受け取り、この返却を感謝した。これを機に、過去に遺物を盗んだ人たちに返却を呼びかけた。

2_e14

000年前のバリスタ石をイスラエル考古学庁に返還した男性(右)。彼は15歳
ときにダビデの町から無断で石を持ち去った

幾度も盗まれては返還されるバリスタの石


 バリスタ石の返還は、今回が初めてではなかった。5年前にべつの匿名の人物から、ふたつの石がやはり返還されている。

 これらの石は、イスラエル南部のネゲヴ砂漠最大の都市ベエルシェバにある、イスラム・近東文化博物館の庭に安置された。ふたつの石は袋に入れられ、ヘブライ語で説明がつけられている。

 メモによると、この石は1995年7月、ゴラン高原の古代ユダヤ都市、ガムラから盗まれたものだという。この地域は、今日ではイスラエルが占領しているシリアの領土として国際社会に認識されている。

 エルサレムと同様、ガムラも第一次ユダヤ戦争のときにローマと戦った都市だ。のちの皇帝ウェスパシアヌス率いるローマ軍が、町を包囲した。ユダヤ歴史家のフラヴィウス・エセファスによれば、町を守ろうとする者たちは包囲されても何ヶ月も抵抗したという。

 だが結果的にローマ軍が砦を破り、町は引き渡されることになった。だが、残されたおよそ9000人の住民は町のはずれまで追い詰められながら戦い続け、崖から下の峡谷に身を投げて死んだという。

 石を盗んだ者によると、これらの石は、ふもとの住宅街にあったものだという。しかしその後、盗んだ者に災難がふりかかり、バリスタ石を盗んだせいではないかと考えるようになったいう。

 泥棒は、この石はトラブルしかもたらさなかった、として、呪われていることをほのめかし、石を返すことにしたというわけだ。そして、古代の遺物は決して盗んではいけないと強調したという。

 20世紀後半に、ガムラで最初の発掘が行われ、1989年に終了した。発掘チームは、作業を終えるにあたって、現場で発見したすべてのバリスタ石をきちんと保管した。

 ところが1995年、どういうわけかバリスタ石がふたつも盗まれた。しかも、数年間、なくなっていることすら気づかなかったという。こうした遺物は、比較的どこにでもある一般的なものだと考えられていることもあって、それほど驚くことでもないのだという。

 イスラエル考古学庁の考古学者ダニーサイオンによると、ガムラの発掘でおよそ2000ものバリスタ石が見つかったという。ガムラはローマ時代初期のバリスタ石がもっとも多く発掘された場所だ。

 いずれにしても、これらの石は考古学庁の国立財宝部に送られた。ここは、遺物を健全に保管、管理する責任を負い、博物館に展示の助言や手ほどきをし、イスラエル国内や海外での展示を担当する。最終的に、盗まれたふたつのバリスタ石は、ガムラで見つかったほかの石と一緒にされた。

5_e5

モザイクを作るのに使われるタイルガラスなどの四角い小片、ローマのテッセラは、イタリアポンペイの発掘現場からよく盗まれたもののひとつ。これをふたつ盗んだあるカナダ人女性は、やはり呪われたと感じて、返却してきた。

罪悪感から呪いが生じる?


 このように、盗まれた古代遺物が返されてくることは、珍しいことではないという。例えば、盗難にあった2000年前のユダヤの棺が、テルアビブの住民によって返却された例がある。この男性は、これがなんであるかを知って、慌ててイスラエル考古学庁に返してきたという。

 また、ニューヨークの聖職者が、10年前にエルサレムから石を盗んだ自分の信徒の行為を恥じて、最終的にそれらを返してきた。

 呪われていると信じられている盗まれた古代遺物は、イスラエルバリスタ石がだけではない。ポンペイでも同様のケースがある。

 あるカナダ人女性が、古代ローマ都市ポンペイで遺物を盗んだと告白、それからというもの女性の身に相次ぐ不幸降りかかってきたのだという。

 盗んだことによる罪悪感が不幸な出来事を呪いに結び付けている可能性はあるが、古代の遺物を盗み出すようなことはやめたほうがいい。

References:ancient-origins

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52296741.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

長期間、独房に閉じ込められると人はどうなるのか?
ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)
自然災害は万人を平等に飲み込んだ。ポンペイ遺跡で新たに発見された主人と奴隷の遺体(ヴェスビオ火山噴火)
先史時代の穿頭術。脳外科手術の痕跡がある5000年前の頭蓋骨を発見(ロシア)
キノコ狩りに行ったら剣が生えてた!3300年前の貴重な青銅器時代の剣が発見される

―知るの紹介記事―

「ワイもやってみよ!」仲間の行動を見て餌の取り方を学ぶカワウソ(英研究)
江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日~22日は世紀の大天体イベントがやってくる
米陸軍、従来より40%も軽い携帯用戦闘糧食を開発中。近接戦闘時に使用
思ってたのとちょっと違う。3D組織の撮影で明らかになった染色体の姿(米研究)
人間の胃の中を駆け回る寄生虫の姿を超音波で撮影(インド)
呪われた石。古代ローマ時代の投石器の石がイスラエルに返還される